最新JK語(若者言葉)30【2019年の使用率を徹底調査】

4位:よき・よきよき

  • 21,000回/日

よきって、古典の授業のような言葉だけど同じ意味だと思えば大丈夫です。

よきの意味は、

  • 良いね
  • 古典の良きかなの略

です。

つまり、「良いね!」と一緒ですね。

よきの使い方としては、

「よきよき!」
「この曲はやっぱりよきかな」

など「良いよね!」って時に使うことが多いです。

この言葉は、学校の授業で「良きかな」 って出てくるので、それを真似て使うようになったのかもしれませんね。

 

5位:「卍」はまだ生き残ってる!

  • 20,000回ツイート/日

2017年にマジ卍が謎すぎるとテレビなどでもやってましたが、今でも卍という文字はよく使われています。

卍やマジ卍などの意味は「ヤバイ」と近く、

  • この映画ヤバイよね=この映画卍だったわ

みたいな感じです。

一種の感情表現ですね。

なので、卍の前後の言葉でどういう意味なのかを判断しないといけないですね。

ただ、意味もなく「卍」って使うこともあるので、このあたりは慣れが必要でしょう。

 

コト助くん

バイト遅刻して店長に怒られた。
これは卍だわ

以下の記事にいろいろなパターンで紹介しています

 

6位:わかりみなど「〇〇み」

  • わかりみ最高17,000回/日
  • つらみ・ヤバみ3000回/日

これは〇〇の部分の意味だと思っておけば大丈夫です。

若者言葉の定番として、昔から〇〇ポヨ、〇〇たんなどの語尾を変えるパターンと同じですね。

なので、

  • わかった=わかりみ
  • つらい=つらみ
  • ヤバイ=ヤバみ

となります。

つまり、今の時代は「語尾に〇〇みをつける!」のが定番というわけです。

それでは使い方もチェックしていきましょう!

わかりみの使い方

コト助くん

好きなアイドルが卒業するとか、マジつらみだわ。
わかりみ!
私も去年同じ気持ちだった…。

コトハちゃん

 

このような感じで使えばオーケーです。

 

7位:わろた

  • 20,000回ツイート/日

これは単純に、「笑った」という意味です。

また、使い方としては、

「今日の〇〇の話は笑った」=「今日の〇〇の話はわろた」

と覚えておけば大丈夫なので、比較的簡単な若者言葉です。

この言葉は昔からネット状で使われてるのが、SNSでも使われるようになった言葉。

 

8位:すこ

  • 15,000回ツイート/日

すこの意味は、

  • 好き

です。

なので、使うとするなら、

「(好きなアーティスト)好きだわ=(好きなアーティスト)すこだわ」

となります。

「すこ」の使い方も、上記のように好きの代わりに使うだけでオーケーです。

ちなにみ、twitterなどでツイートするときは「すこ」単体でも使えますよ。

 

9位(語彙力)

  • 15,000回ツイート/日

テレビや本でも見かけることが多い言葉ですね。

これもよくSNSで見かけるようになりました。

若者言葉としての意味は、

  • 言葉の知識
  • 言葉の表現力、変換力
  • ワードセンス

です。

この言葉を若者言葉で使う場合は、(語彙力)と語尾などつけて、

「書いてみたけど私の語彙力なさすぎでしょ。」

といった自虐ネタで使うことが多いです。

 

10位:「マ?・そマ?」

  • 15,000回ツイート/日

一文字に文字の若者言葉ってやっぱり難しいですよ。

これは意味さえ知れば簡単!

マ?そマ?の意味は、

  • マジ?
  • それマジ

の略。

どうですか?

めちゃくちゃ簡単な意味だったでしょ!

これは会話の中で使うことが多い若者言葉なので、LINEで使用頻度を正確に調べられたら、もっと上の順位になってるでしょう。

「マ?そマ?」の使い方

コト助くん

ヤバイ!チャック全開で過ごしてた!!
そマ?

コトハちゃん


 

さて、ここまでがベスト10位だったので、よく使われている言葉なので、ぜひとも覚えておきたい若者言葉です!

11位以降も使用頻度は多いので、気になった言葉も多いと思いますよ。


↓次のページ↓

 

1 2 3 4 5