アラフォーの意味とは何歳?間違って使わないための年齢を紹介!!

ねぇ、アラフォーってよく聞くよね?

コトハちゃん

コト助くん

まぁ、そうだね。僕の親もアラフォーだし。
んー。でも、実際に何歳くらいを意味するか知らないんだよね〜

コトハちゃん

コト助くん

そうなの?じゃあ、今回はアラフォーについてみていこうか!

 

テレビや雑誌でもよく見かけるし、周りが使ってたり親が使ってたらもするので、耳にする機会も多いですよね。

でも、「何歳〜何歳までがアラフォー?」って意外とわかってない人も多いです。

年齢のことなので間違って使うと、

「まだアラフォーじゃない!」

なんてこともあるので、正しく意味を知っておきたいですよね?

 

なので今回は、アラフォーの意味が何歳くらいなのか似た意味の言葉や由来についてまで掘り下げていきたいと思います。

アラフォーの意味とは?

アラフォーの文字とイラスト

アラフォーの文字とイラスト

知っての通りアラフォーは、ある一定の年齢の範囲を指す言葉です。

では、いったい何歳から何歳までをアラフォーと言うのか?これをしっかりチェックしていってください!

アラフォーの意味は、

  • 40歳前後の人
  • 37〜43歳の人くらいを割くことが多い

です。

※最近だと30代後半〜40代前半を指す言葉となっているけど、境目(35.6)の人は微妙なので使わないのが無難。《特に女性に対して》

 

以上がアラフォーの年齢層となっています。

紹介した年齢はあなたのイメージ通りの層だったんじゃないでしょうか。

 

まぁ、女性に対しては年齢に関して使わないのが無難なので、

「え!?アラフォー何ですか!?
全然そんな風に見せません!!」

と言える準備しておけばいいかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

なるほどね〜。
じゃあ、うちの両親も44歳だしまだアラフォーだ!

コトハちゃん

コト助くん

その年齢だとそう言うことになるね〜
じゃあ、実際に会話での使い方もみていこうか!

コトハちゃん

アラフォーの使い方と例文

美樹

今度同窓会あるってさぁ

太郎

らしいね!
でも、初めての集まりがアラフォーって誰が誰かわからなくなってそう。

美樹

確かに、私たちも結構老けたからね。

太郎

確かに…

 

使うとすればこのような感じが多いんじゃないでしょうか。

他にも、

  • 明日でもうアラフォーか…
  • アラフォーになって、部下への指導が増えてきたな〜

 

アラフォーに似た意味の言葉

アラフォーの類語として、

  • アラサー
  • アラフィフ

などがありますよね。

アラフォーと同じように、アラサーは30歳前後、アラフィフは50歳前後の年代と覚えておけばオーケー!

 

また、昔から日本にある言葉だと他に年齢を指す言葉として還暦(数え歳が61歳のこと)などもありますね!

 

でも、なんでアラフォーって言うようになったの?」

コトハちゃん

コト助くん

そうだね!
次はその辺りについてもチェックしていこうか!

では次はアラサーの由来についてご紹介します!

アラフォーの元ネタと由来

アラフォーの元ネタや由来は、「アラサー」「アラフィフ」でも紹介しているように、around 〇〇(アラウンド=約)の略語です。

今でこそ色々ところで使われるカタカナ語ですが、元々はファッショ業界で生まれた造語なんですよ。

 

歴史も結構前で2006年頃、

婦人新ブランドのターゲットとして、当時の30歳前後の女性を言うようになりました。

その言葉の派生として数字を変えた、アラウンドフォーティーも使われるようになったようです。

 

ちなみに、この時のアラサーが一昔前のプリクラやギャルの流行を作った世代だから、注目されていたようです。

 

へぇ、そう言う裏話があったんだね!

コトハちゃん

コト助くん

企業戦略がうまく馴染んだってことかな〜。笑

 

最後に今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていこう!

 

まとめ

さっそく、アラフォーについておさらいしていこう!

コトハちゃん

アラフォーの意味

  • 40歳前後の年代

アラフォーの使い方

  • 自分の年齢を指して現状を言うことが多い
  • 少しネガティブなイメージがあるので、相手のことを指してはあまり使わない

アラフォーの元ネタ

  • around 40を略して言った言葉
  • もともとはファッション業界の造語

さて、ここまでアラフォーについてみてきましたが、どうでしたか?

アラサーと並んで年齢を刺す時によく使われる言葉なので、覚えておいて損はないですよね!

 

では、今回の言葉マップは以上です!

最後まで読んでいただきありがとうございます。