アイデンティティの意味とは?2つの例文でわかりやすく解説!!

アイデンティティの意味とは?

アイデンティティの文字とイラスト

アイデンティティの文字とイラスト

さて、最近よく見かけるカタカナ言葉「アイデンティティ(アイデンティティー)」とはどういう意味なのか?

辞書や調べると難しい言葉で書かれていることが多いので、なるべく分かりやすくいい変えてみました。

 

では、さっそくアイデンティティの意味にをチェックしていきましょう!

アイデンティティの意味は、

  • 自己同一性
  • 自分らしさ
  • 個性
  • 自己肯定感
  • 自分の根本、哲学

となっています。

 

本来の意味では、辞書で「自己同一性」と書かれることが多いけど、上記の意味で使われることが多いんです。

なので、この意味合いは頭に入れておくと言葉の意味がわかると思いますよ。

全員がちゃんと言葉の意味を知って使っているわけじゃないので…。

 

また、先ほども書きましたが、アイデンティティの意味で一番簡単なのは「自分らしさ」と考えておくのがいいんじゃないかと思います。

 

コト助くん

なるほど、じゃあ個性的な服を着ている人はそれがアイデンティティとも言えるわけだね!
そうだね。見た目じゃなくて哲学な考え方とも言えると思うよう♪

コトハちゃん

 

さて、アイデンティティの意味についてはだいたいイメージできたんないでしょうか。

ただ、もう少し具体的な例をあったほうがいいと重いので、次の章ではアイデンティティの使い方を紹介していきたいと思います。

会話形式でも説明していますよ!

オススメ記事

アイデンティティの使い方知ってますか?

会話例

ねぇ、いつもそのズボン履いているよね?

コトハちゃん

コト助くん

うん、かっこいいっしょ
え〜正直ダサいからやめたほうがモテると思うよ?

コトハちゃん

コト助くん

でも、これ俺のアイデンティティだぜ!?
それがアイデンティティ…

コトハちゃん

 

会話で使うとすれば、このような流れをイメージしていただければと思います。

 

念のため解説すると、

「この服が俺のアイデンティティ」=「この服が俺らしさなんだ!俺の根幹、哲学だ!」

みたいに考えていただければと思います。

これも表面的なものだけじゃなくて、「こういう時はこう考える」というのもアイデンティティと言えますよね。

 

なので、結構自由度が高いカタカナ言葉だけど、本来の意味を知ってるか?知ってないか?でちがう。ってことです。

では、もういくつか使用例をまたいきましょう!

おすすめのカタカナ語


↓次のページ↓

 

1 2 3