ナイーブの意味とは?ナーバスとの違いや使い方も例文で解説!!

ナイーブと似た意味のカタカナ語

ナイーブと似た意味があらカタカナ語は、以下の三つだと思います。

  • ピュア:純粋
  • センシティブ:繊細
  • デリケート:傷つきやすい

 

カタカナ語は、英語やフランス語が語源だったり、元の意味と日本で使われている意味は少し違っていたりでややこしいですよね。

ナイーブもそんなカタカナ語の一つですが、ピュア、センシティブ、デリケート等と言い換える事ができます。

 

状況によって正しく使い分け出来ると相手に意図が伝わりやすいです!

カタカナ語を使いこなせるとちょっとかっこいいですよね。笑

 

では次は、ナイーブとナーバスの違いについて詳しく見ていきましょう!

ナイーブとナーバスな違いは?

ナーバスの意味は、神経質な様(怒りやすい、興奮しやすい、落ち込みやすいなど)となっています。

なので、ナイーブとの違い少しヒステリーな感じな方が「ナーバス」って印象ですね。

それに加えて「ナーバスは一時的に感情が動きやすくなってる」ってイメージ。(例えば、結婚前や妊娠中など感情が動きやすい時)。

 

また、ナイーブに関しては「怒る感情より落ち込む」など、として使われることが多いですよね。


つまり違いは、

  • ナーバス…一時的に感情が動きやすくなってる、怒りやすい、興奮しやすい、ヒステリー気味、(妊娠中や結婚前など)
  • ナイーブ…落ち込む、繊細、純粋(激しい感情に対して使うことが少ない。)

となっています。

 

参考記事


何かがあって、神経質になってるのがナーバスって覚えておけばOKだね!

コトハちゃん

コト助くん

まぁ、そんな感じで!
ナイーブは落ち込んでる時や暗い感じだね〜。
OK!OK!
これでナイーブについてはもう大丈夫かな!!

コトハちゃん

 

最後に今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

まとめ

さっそく、ナイーブについておさらいしていきましょう!

コトハちゃん

◆ナイーブの意味

  • 繊細
  • 傷つきやすい
  • 純粋

◆ナイーブの使い方と例文

  • 「ナイーブな問題」
  • 「彼はナイーブな人だ」

◆ナイーブと似た意味のカタカナ語

  • ピュア:純粋
  • センシティブ:繊細
  • デリケート:傷つきやすい

今回は「ナイーブ」をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

 

改めて考えるとナイーブって、某ヘアケア用品の名前でもあるこの言葉ですよね。

個人的には、ネガティブな意味合いで、使うことが多い言葉だったので、なぜこの名前だったんだろう?と考える事もありました。

詳しく意味を調べると、「素朴・純粋という意味も持っている」という事が、わかり納得しました!

知ってると思っていた言葉でも、知らない意味を持っていたりするので、皆さんも改めて言葉を調べてみると、結構面白いかもしれませんね!

 

特にカタカナ語って、一個の意味知ってるだけで満足しちゃうなー笑

コトハちゃん

コト助くん

意味が一つだけの言葉って意外と少ないし、色んな使い方出来るようになれればいいよね

 

では、今回はここまでで!

最後まで読んで頂きありがとうございます!

1 2 3