コトハコトハ

ナーバス、ナーバス…

コト助コト助

どうしたのコトハちゃん!笑

コトハコトハ

なんか、「ナーバスだからほっといて!」って言われたんだけど、
言葉の意味が分からなくてもっと怒らせちゃったの

コト助コト助

ああ、それは聞かないほうが良かったかもね。
そしたら今回は、ナーバスについてみていこうか!

 

タイミングが悪かったり、ふとした言葉で相手を怒らせてしまうことってありますよね。

自分からすると、そんな事で?と思ってしまうようなことだったりもすると思います。笑

「ナーバス」はそういったことが起こりやすい状況だったりするかもしれません。

耳にすることも多い言葉なので、この機会に是非「ナーバス」の言葉の意味や使い方を覚えてみてください!


スポンサーリンク

ナーバスの意味とは?

さて、ナーバスとはネガテイブな印象だけど、本来はどんな意味を持つ言葉なのでしょうか?

ナーバスの意味は、

  • 神経質なさま

です。

 

神経質なさま、と言われてもどういった時?と思ってしまいますよね。笑

 


具体的に言うと、

  • 興奮しやすい
  • イライラしやすい
  • 怖がっている
  • 落ち込んでいる、落ち込みやすい

と言い換えるとイメージしやすいかと思います。


こんな状態が「神経質になっている」さまだと言えます。

些細なことが気になったり、細かいことでもいちいち気に病んでしまうような状態なので、ナーバスになってしまった人にはあんまり無神経な事は言わないであげましょう!笑

 

コトハコトハ

そういう意味だったんだ!さっきの私、考えなし過ぎたな


コト助コト助

そういう時困るから、ナーバスは知っておいたほうがいい言葉の一つかもね


コトハコトハ

じゃあ、これってどういう風に使ったりするの?


コト助コト助

それは次で紹介してるから、見ていってね!それは例えばこんな感じだよ!

 

スポンサーリンク

せっかくなので次は、ナーバスの使い方と例文を見ていきましょう!

 

ナーバスの使い方と例文!!

コトハコトハ

親戚のお姉ちゃん、今度子供が産まれるんだって!

コト助コト助

そうなんだ、おめでとう!

コトハコトハ

おめでたんだけど、だからか最近イライラしやすいみたいで大変そう

コト助コト助

妊娠とか子育てってナーバスになるって言うもんね

 

妊婦さんはいわゆるマタニティブルーと言われるように、神経質になりやすいと言われています。

コト助くんは、そんな神経質になりやすい状態をナーバスと表現していますね!

 

二人のように、特定の状況を先に言って、「○○なので、ナーバスだ」というように使うことは多いんじゃないかなと思います。

ナーバスになってしまうと、ネガティブに考えがちなので、なるべくナーバスになってしまうような環境は避けたいですね!笑

 

他の例文も要チェック!!

「世界的に、プライバシー保護にナーバスになっている」

「試合に負けてしまったので、ナーバスだ」

以上がナーバスを使った例文となっています。

 

コトハコトハ

ちなみに、他にも似たような意味のカタカナ語ってあるの?


コト助コト助

英語とかだと結構あるけど、カタカナ語だと実はあんまりないと思うよ


コトハコトハ

どんなのがあるのか知りたい!


コト助コト助

例えばこんな感じだよ

 

ナーバスと似た意味のカタカナ語

  • ヒステリック(異常に興奮しているさま)
  • ナイーブ(繊細な、純粋な)
  • センシティブ(繊細)
  • デリケート(傷つきやすい)

 

どれもあんまりいい意味ではありませんね。笑

「ナーバス」と「ナイーブ」は似ている言葉だと思いますが、「ナーバス」のほうがもう少しヒステリー的要素があったり、一時的な気分の状態を言うのかなと思います。

「ナイーブ」のほうは、あまり怒ったり興奮するようなニュアンスは含まれないですね。

参考記事

 

ヒステリックは情緒不安定というニュアンスがあり、少し強い言葉かもしれません。

個人的には、「彼女はヒステリックだからそっとしておいて」というよりも、「彼女はナーバスになってるからそっとしておいて」という方が優しい言い方かなと思います!笑

 

スポンサーリンク

最後に今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

 

まとめ

コトハコトハ

さっそく、ナーバスについておさらいしていこう!

◆ナーバスの意味

  • 神経質なさま

◆ナーバスの使い方と例文

  • 「妊娠や子育てはナーバスになる」
  • 「試合に負けてしまったので、ナーバスだ」

◆ナーバスと似た意味のカタカナ語

  • ヒステリック(異常に興奮しているさま)
  • ナイーブ(繊細な、純粋な)
  • センシティブ(繊細)
  • デリケート(傷つきやすい)

 

今回は「ナーバス」という言葉をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

言葉って伝え方ひとつでだいぶ印象が変わってしまいますよね。

「ナーバス」はあんまりいい意味ではないからこそ、言い方は大事だと思ってます。

 

似たような言葉もありますが、同じような意味でも出来るだけ優しい言い方をしてあげれるといいですよね!

コトハコトハ

色んな言葉を知ってると、いい表現いっぱい出来るよね


コト助コト助

優しく言うだけじゃなくて、面白い表現出来るようになって楽しいしね!


コトハコトハ

ちょっとめんどくさいけど笑 いっぱい知りたいって思えてきた〜

 

では、今回の言葉マップはここまで!

最後まで読んで頂きありがとうございます。^ ^