前代未聞の意味と使い方とは!類語や例文で分かりやすく解説!!

前代未聞の類語を知ってる?

前人未踏…誰も到達したり足を踏み入れていないこと。
誰も成し遂げたことがないということ。

こちらは良い例で使われていることが知られてますね。

『人類初!前人未踏の地へカメラが潜入!』

という、記念すべき記録!とか身近な事よりもっとスケールの大きな『誰も成し遂げていない』に使いたいですね。

ここまでの内容で、前代未聞の意味や使い方はバッチリなんじゃないでしょうか。^ ^

あなたも、前代未聞のサプライズで周りの皆を、「あっ!」と言わせてみてはいかがでしょうか!

最後に今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

 

まとめ

コト助くん

さっそく、前代未聞についついおさらいしていこう!
  • 誰もみたことも聞いたことものいような珍しい様子
  • いい場面、悪い場面、両方で使用される
  • 身近な話題に取り入れやすく雑誌や、ニュースの見出しなどでよく見かける

今回は、

「なに!?そんなこと聞いたことないぞ?」

「どんな人も笑顔になる、今まで誰も見たことなステージにしようぜ!」

このように良くも悪くもとられる四字熟語ですが、よい意味でたくさんの方に知っていただければありがたいですね!

前代未聞。ぜひ今から活用してくださいね。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

1 2 3 4