三寒四温の意味とは?冬の季語の使い方と例文をチェック!!

三寒四温の意味とは?

ではさっそく、三寒四温の意味についてみていきましょう!

三寒四温(さんかんしおん)の意味は、

  • 冬の季語として使われる四字熟語
  • 3日寒い日が続くとらその後4日ほど暖かい日が続き、また寒くなり「7日周期」で寒暖が繰り返される

です。

おや?日本の冬でそんなに波あるっけ?と、特に地方によってはしっくり来ない冬のリズムですよね

 

それもそのはずです!

この言葉は元々は中国の東北部の冬の気候を表した言葉だったんですよ。

なのでら日本に入ってきた後はら4日も暖かい日がある季節となれば、冬も終わりに近づく晩冬に用いられることが多くなりました。

 

これでぎりぎり、冬の季語となる三寒四温の意味は理解できましたね!

それではどのように使えるのか例文を見ていきましょう!

 

三寒四温の例文と使い方!!

  • 今年は三寒四温はまだ遠く、寒い日が続きますがお元気ですか?
  • 三寒四温の季節になりますが、まだしばらくはこたつは片付けられそうにもありません。

 

このように手紙などの挨拶文として利用することが多いでしょうか。

 

しかし日本の気候も近頃は激しすぎるので一概に三寒四温といってもら「突然5月上旬の暖かさ!や、巨大寒波襲来!」など、毎日気候が変わることも珍しくありません。

新しい季語が生まれる日も近いかもしれませんね。

 

それでは冬の季語の四字熟語ですが、反対の意味の言葉、といえばやはり、暖かい季節、暑い季節に用いられる四字熟語があるのかもみていきましょう。

 


↓次のページ↓

 

1 2 3