温故知新の意味と使い方とは!類義語は?使い方は例文でラクに習得!!

温故知新の意味とは?

温故知新の意味は、

  • 前に学んだことをもう一度調べたり、考えたりして新たな知識を見いだし、自分のものにすること。

です。

 

古いものを訪ねて、新しいこと柄を知ろうとする思いを四字熟語で、ギュッとまとめたのですね。

でもそれならもっと単純に「復習大事」とか「勉強熱心」など、分かりやすいセルフ四字熟語でもいいですよね(笑)

まぁ、それじゃあ四字熟語の深みがないけど…。

 

では、なぜこの四字熟語になったのか由来を見ていきましょう。

 

温故知新の由来や語源は?

まずは由来から見ていきましょう。

紀元前551年に生まれた孔子という思想家、哲学者の言葉に

『人の師となる条件、資格は昔の事を学んで、研究してそこから新しい知識を得られた人である』

という言葉が中国の書物(論語、為政篇〈ろんご、いせいへん〉)に記されているので、そこから由来した言葉。

 

また、語源となるものは、

『冷たいものをあたため直し味わう』
という意味から

『故(ふる)きを温(たず)ねて新(あたら)しきを知(し)る』

 

という風に言い換えられて、温故知新と四字熟語が生まれたのですね。

 

英語に言い換えると?

ちなみに四字熟語の文化のない英語にしてみると、どんな風に外国の方に伝わるのでしょうか?

  • Things present are judged by the things past

上記は英語で似た意味をもつことわざなんですが、

『現在のことは過去のことによって判断される』

という意味なんです。

 

どの国でも、昔の人の言葉は確信をついていていつまでも受け継がれる言葉があるんだなぁと実感しました。

 

コト助くん

英語には四字熟語はなくてもことわざからにた意味をもつ言葉があるんだね!
昔から今に継がれる言葉のなかでも、

温故知新もずいぶん歴史のある言葉から、由来されたということも分かったよね!

コトハちゃん

 

コト助くん

ますます、この四字熟語の使い方が気になるなぁ。
そろそろ意味も理解できたし次は例文でみていこう!

コトハちゃん


↓次のページ↓

 

1 2 3 4