素面(シラフ)の意味とは?会話での使い方知ってますか?

素面(シラフ)の意味とは?

さて、シラフには2つの使い方があるとのことでした。

なので、まずはどのような意味があるのか?から見ていきましょう!

素面(シラフ)の意味は、

  • 酒気を帯びていない
  • 酔っていない状態(お酒を飲んでいても)
  • 普通・通常の状態

です。

まぁ、意味としては通常・普段通りの人。

つまり、簡単に言えば「呑んでいても酔ってない状態、お酒を呑んでいない」=「シラフの人」という意味になります。

ここまでOKでしょうか?

他にも、薬物によってハイになる人が自分のこと「自分は、シラフだ!」といったり、その逆に「シラフじゃないよね?」などということもありますね。

つまり、「テンションが高く無く、いつも通りの状態」を指す言葉ということを覚えておけば大丈夫です!

 

また、素面(しらふ)は色々なニュアンスで使われることがあるので、次の使用例も見ておくと間違って使わないと思いますよ!

 

コト助くん

酔ってる人の対義語ってことなんだね!
でも、使い方って人によって違うから大変かも!

コトハちゃん

 

というわけで次は、シラフの使い方をいくつかの使用例でご紹介いたします!

関連記事

 

シラフの使い方を例文で!

さて、シラフの意味はもうお伝えしたので、ここでは実際にどういった風に会話で使えばいいのか、2つの例文をお伝えしますね〜。

もし、あなただったらどんな感じかイメージしながら読んで頂けると、より覚えやすいかと思います。

ではさっそく、1つ目のシラフを使った会話例を見ていきましょう!

 

居酒屋でよく見る会話

コト助くん

ねぇ、コトハちゃん結構酔ってるよね?もう飲むのやめなよ…
らいじょうび(大丈夫)だよぉ~。まだ、私シラフだから

コトハちゃん

コト助くん

シラフって…

 

このような会話は、居酒屋などお酒を提供しているお店で、一度は聞いたことがあるんじゃ無いでしょうか?

これは「酔ってる?」と質問され「まだ酔ってないよ」=「シラフだよ」って意味で使われていることがわかりますよね。

 

つまり、コトハちゃんはアルコールで酔っているので、普通・通常の状態(しらふ)では無いみたいです。

未成年の飲酒は法律で禁止されてるからね!

コトハちゃん

コト助くん

設定では、僕たちは成人してるから!笑

 

ここまでで、お酒の席での使い方はイメージ出来ましたかー?

もう一つ違う使用例もあるので見てくださいね〜。

 

次は、お酒の席以外でも結構使う「シラフ」の使用例について見ていきましょう!

関連記事


↓次のページ↓

 

1 2 3 4