ワンチャンの意味と使い方とは?下ネタの意味もあるので注意!?

ツーチャンという進化系がある!?

あまり使っている人はいないけど、一応「ツーチャン」って言葉は存在しています。

このツーチャンの意味は、「ワンチャンス」より多い、二回チャンスということなります。

なので、ワンチャンより可能性がある時に使う。

でも、「ワンとツー」でどれくらい可能性の差があるかは、明確には決まってません。

 

 

コト助くん

正直、使ってる人はあんまりいないと思うけどね!笑
そういうのは言わないでよ!
せっかく覚えたのに!!!

コトハちゃん

 

ここまでワンチャンの意味と使い方を見てきましたが、この言葉がどうやって生まれたか知ってますかー?

普通に考えると若者言葉だから、

「J Kが考えた!」
「若い芸能人が考えた!」

と思おうかもしれません。

でも、どちらも違うんですよ!

 

逆におじさま達だったりして…。笑

せっかくなので次は、ワンチャンの元ネタと由来をチェックしよう♪

 

ワンチャンの元ネタや由来が意外だった!?

ワンチャンの元ネタや由来となったのは、ある娯楽の中での言葉なんですよ!

なんだと思いますかー?

それは麻雀なんですよ!

 

 

麻雀には、4種類の牌(ぱい)があって、そのうちの3つが出ていた場合に使われていた言葉が、ワンチャンなんです。

「最後に残った、1つの牌で勝てるかも!」

という思いが「One chance」→ワンチャンとなったんです。

 

また、若い人もよく使っている「あんぱい」という言葉も麻雀から来ているんですよ~

 

◆若者言葉化した理由

元々、ワンチャンが広まった理由としては、この言葉が格闘ゲームのユーザーの中でも、使われていたことが理由。

ゲーム実況やネットで使われていたのが、次第に拡散されて、ネットをよく使う世代の若者に広まっていたと考えられます。

麻雀から生まれる若者言葉が、二つもあるんだね!

コトハちゃん

コト助くん

そうだね。
探すと他にも色々と出てくるかも!

 

最後に今回の内容を簡単にまとめたので、一緒にまとめでおさらいしていきましょう!

まとめ

コト助くん

じゃあ、さっそくおさらいして行きましょう!

◆ワンチャンの意味

  • もしかしたら
  • ひょっとしたら
  • ワンチャンス(One chance)の略

◆ワンチャンの使い方

  • 相手が提案した事に、「もしかしたらいけるかも!」=「ワンチャンいける」と使う
  • 一回だけのチャンスという意味で、ワンチャンあると言う下ネタで使うこともある

◆ワンチャンの由来や元ネタ

  • 麻雀の中で「もしかしたら勝てるかも!」というところから生まれた言葉
  • これが次第に、ゲームやネットなどでも使われるようになって、今のように若者言葉化していった。

さて、ここまでワンチャンについて見てきましたが、お分りいただけましたかー?

結構簡単だと思うので是非明日から使ってくださいね〜♪

 

明日になるとワンチャン使ってるかもね!笑

コトハちゃん

コト助くん

男性は使い方に注意が必要だよ!