ナーバスの意味とは?使い方を例文でポイントをチェックしょう!!

ナーバスの意味とは?

さて、ナーバスとはネガテイブな印象だけど、本来はどんな意味を持つ言葉なのでしょうか?

ナーバスの意味は、

  • 神経質なさま

です。

 

神経質なさま、と言われてもどういった時?と思ってしまいますよね。笑

 

具体的に言うと、

  • 興奮しやすい
  • イライラしやすい
  • 怖がっている
  • 落ち込んでいる、落ち込みやすい

と言い換えるとイメージしやすいかと思います。

こんな状態が「神経質になっている」さまだと言えます。

些細なことが気になったり、細かいことでもいちいち気に病んでしまうような状態なので、ナーバスになってしまった人にはあんまり無神経な事は言わないであげましょう!笑

 

そういう意味だったんだ!さっきの私、考えなし過ぎたな

コトハちゃん

コト助くん

そういう時困るから、ナーバスは知っておいたほうがいい言葉の一つかもね
じゃあ、これってどういう風に使ったりするの?

コトハちゃん

コト助くん

それは次で紹介してるから、見ていってね!それは例えばこんな感じだよ!

 

せっかくなので次は、ナーバスの使い方と例文を見ていきましょう!

 

ナーバスの使い方と例文!!

親戚のお姉ちゃん、今度子供が産まれるんだって!

コトハちゃん

コト助くん

そうなんだ、おめでとう!
おめでたんだけど、だからか最近イライラしやすいみたいで大変そう

コトハちゃん

コト助くん

妊娠とか子育てってナーバスになるって言うもんね

 

妊婦さんはいわゆるマタニティブルーと言われるように、神経質になりやすいと言われています。

コト助くんは、そんな神経質になりやすい状態をナーバスと表現していますね!

 

二人のように、特定の状況を先に言って、「○○なので、ナーバスだ」というように使うことは多いんじゃないかなと思います。

ナーバスになってしまうと、ネガティブに考えがちなので、なるべくナーバスになってしまうような環境は避けたいですね!笑


↓次のページ↓

 

1 2 3