大器晩成の意味とは?類語と使い方・例文を一発チェック!!

大器晩成を英語で表現すると?

  • Late bloomer…遅く花が咲く

という意味の英語が、後に大成することという捉え方がされるのですね。

英文などでは遅咲きの~という表現で表されます。
言い換えれば大器晩成とよくにた意味の言葉ということが、わかりました。

それではこの言葉の由来は一体どこから始まったのでしょうか?

次は由来となった歴史をご紹介します。

 

大器晩成の由来や語源!

大器晩成の由来は300年以上昔の中国からきています。

中国の『老子』という書の41章には

『大きな器は簡単にはできない。完成するまでにはそれなりの時間もかかる』

という意味の言葉がかかれているんです。

 

その言葉を使って馬鹿にされていた従弟達を
励ましたそうなんです。

とても意にかなった納得のいく言葉ですね!

『大きいもの作るの大変だよ?』「確かに!」と頷けました!

由来もとてもしっくりきたところでまとめとおさらいをしていきましょう。

 

最後に今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

 

まとめ

コト助くん

さっそく、大器晩成についておさらいしていきましょう!
  • 時間をかけて才能を発揮し、後に成功した人をさす言葉。
  • 「遅咲きの~」の表現でも使われている

周りから期待はずれだと言われるなどして落ち込んだときに、その考えに理解できる者が励ますときにも使われる。

これで大器晩成については大丈夫でしょうか。

目標や夢を持てば早く叶えたいけど、ただ思うだけではなく!それなりの準備と時間をちゃんと使えば結果は遅かれ早かれついてくる、と言われてるような希望の持てる言葉でしたね

目先の結果にとらわれず長い目で将来を見据えたモン勝ち!ですね。

 

それでは今日の言葉マップはここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

1 2 3