大器晩成の意味とは?類語と使い方・例文を一発チェック!!

大器晩成の意味とは?

さて、「大器晩成」型という言葉で使われることが多いけど、一体どういう意味なのでしょうか?

大器晩成(たいきばんせい)の意味は、

  • 本当の大物は若い頃は目立たず、徐々に実力を養って後に大成すること。

です。

 

ただ!

注意してもらいたいことがあるんですよ。

 

この意味を見ると将来大物になるんじゃないかという人に対して、期待を込めて「大器晩成だな!がんばれよ!」という使い方は、一般的にはタブーなんですね~

どちらかというと、なかなか出世しない人に対しての励ましや、労いの言葉として使われることが多いです。

この辺りは、次の章で紹介している例文を見ると使い方ともイメージしやすいと思います!

 

コト助くん

なるほど、「まだ芽が出ていない」みたいな感じなんだね!
まぁ、簡単に言えばそんな感じだね!

コトハちゃん

 

さて、大器晩成の意味は大丈夫でしょうか。

なので次は、大器晩成の使い方と例文を一緒に見ていきましょう!

 

大器晩成の例文と使い方!!

さっそく、大器晩成の使い方を例文と一緒におさらいしていきましょう!

  • 真面目なんだけど空回りしてて、辞表を出した後輩に「お前は大器晩成型なんだよ、だから大丈夫!」と励ました数年後、全く別の世界で大成功を納めてテレビに出ていた。
  • 部活を辞めたくて監督と話をしたときに、「君はまだまだだ!君は大器晩成型だからプロを目指せ」と言われがぜんやる気が出た!

 

目先の結果に繋がらなくて、じれったいときにこんな風に言われると、初心を思い出せて気持ちの切り替えのスイッチが入りますね!

是非、効果的に使って下さい!

 

他の例文も要チェック!!

  • 応援演説を任せた相手が、『彼は大器晩成型の人間ですが、必ず皆さんの期待に応えます!是非清き一票を!』などと、大変失礼な発言の演説をされた。

 

やはり、成長過程の段階では、誉め言葉としては言われた方も聞いた方も見下されてる、と感じてしまうことがあるようです。

 

昔、苦労したけど、現在進行形で世に認められ、成功した人に対しては最高の誉め言葉でしょうね。

 

それでは英語での表現はどのように使われるのでしょうか?

次は英語での表現をみていきましょう!

 


↓次のページ↓

 

1 2 3