お気遣いとお心遣いの意味の違い!大人は知っておきたい敬語の使い方!!

お気遣いの意味と使い方とは!

さて、大人になると敬語を使う機会も増えてきますよね。

その中でも、よく使われる「お気遣いやお心遣い」とは、一体どう言う意味があるのでしょうか。

 

まずは、お気遣いの意味からチェックしていきましょう!

お気遣いの意味は、

  • 気を使うこと
  • 気がかり、心配
  • 配慮

です!

 

お気遣いは、「相手の事情を考えて配慮すること」を表現します。

この言葉はビジネスシーンでよく使われたりしますね。

何気ない一文ですが、ビジネスメールの典型文の一つである「お世話になっております」も、気遣いの一つだったりします。

 

では、お気遣いの例文をいくつかご紹介しますね。

「ご配慮頂き、お気遣いありがとうございます」
「いえいえ、お気遣いなく」

 

さて、次はお心遣いの意味をチェックしていきましょう!

 

お心遣いの意味と使い方とは!

お心遣いの意味は、

  • 思いやって心配りすること
  • ご祝儀など

です!

 

お心遣いは、「相手を思いやって、なにかをする思いやり」を表現します。

相手の事情を鑑みて、配慮できる人間になりたいです。
といっても簡単に見えて、気の利く配慮はなかなか出来なかったりしますけどね。笑

相手からお心遣い頂いたときには、正しい言葉で感謝すると、相手からも喜ばれると思います!

 

では、お心遣いの例文も見ておきましょう!

「温かなお心遣いに感謝しております。」
「先日は、素敵なプレゼントをお送りいただき、お心遣いに感謝致します。」

 

 

コト助くん

あれ?
同じ意味じゃない?
んー、なんて言うか。
微妙にニュアンスが違うんだよ!

コトハちゃん

コト助くん

でも、正直どう違うのかわからないや。笑
その「お心遣い」と「お気遣い」の違いは、次で詳しく紹介してるよ!

コトハちゃん

 

では、さっそくお気遣いとお心遣いの違いや、使い分けを一緒にチェックしていきましょう!


↓次のページ↓

 

1 2 3 4