以心伝心の意味とは?英語・類語と使い方を例文で解説!!

以心伝心の2つの類語

  • 意気投合

こちらは日常的に使われますね。

「はじめてあった日から意気投合しちゃって〜」

なんて、実際言ったこともあるんじゃないでしょうか。

 

もうひとつは少しワンアップな四字熟語です。

  • 拈華微笑(ねんげみしょう)…言葉を使わずお互いが理解し合うこと。

実はこの言葉も仏法からくる言葉なんです。

人間は口で伝えますが、仏様のような心で人間関係を築くと、「誰が何を求めていて、何をすべきか?」が見えてくるのでしょうか。

 

最後に今回の内容を簡単にまとめたので、忘れないうちにおさらいしていきましょう!

 

まとめ

以心伝心の意味って、「思っているよりも深く相手も自分も受け止める広い心」を表した言葉ということがわかりましたね!

では、今回のおさらいです!

  • 心と心で通じ合うこと。
  • お互いにその思いが言葉がなくても
    伝わること。
  • 仏法の教えからなる言葉。

現代ではリアルな人との関わりがとても少なくなったと言われていますよね。

確かに自分が動かなくても、誰にも会わない日でもお金が稼げたり、食事も出来ちゃったりします。

チャット内なら会話だってできる便利な時代なんです。

 

この「以心伝心」という言葉をただの四字熟語で終わらせるのでなく、やはり人との繋がりがあってこその言葉には意味があり、

意味ある言葉を身を以て知ることは、こうして言葉を知る以上に、大切なことなのかもしれませんね。

 

今回の言葉マップはこれにて!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

1 2 3 4