花言葉は『花言葉マップ』

以心伝心の意味とは?英語・類語と使い方を例文で解説!!

以心伝心の意味とは?

以心伝心の文字

この言葉は、心と心の二つの心が伝わり合う綺麗な書体ですよね。

こんな素敵な四字熟語には、一体どういう意味があるのでしょうか。

その以心伝心の意味は、

  • 考えていることが言葉を使わなくても、お互いに通じ合うこと。
  • 心以て(もって)心に伝う(つたう)こと。

です

 

この暖かい言葉とその意味までよくよく聞いてみると、まるで仏様の心?と思った方、

まさに仏教の教えの中にもこの言葉は使われているのです。

※禅宗(ぜんしゅう)で言葉では言い表せない「仏法の神髄(しんずい)」を無言のうちに弟子に伝えること。
※大乗仏教の宗派の1つ

 

ここまで見ると以心伝心するということは、あなたはあなたではなく、あなたは私⇄私があなたになっているんですよね。

「人は人」だから自分には関係ないと、そっぽをむいてちゃ以心伝心は伝わらないでしょうね。

 

以心伝心を英語でいうと?

さて、まさか仏教の教えにもある言葉とは驚きました。

 

日本語では以心伝心という四字熟語があって、似た意味の言葉はありますが、言葉そのものはオンリーワークなのに対し、

以心伝心を英語にすると表現の違いもあってか、何種類も言い表すことができるようなんです。

いくつか英語バージョンを見てみましょう。

  • tacit understand(暗黙の理解)
  • Telepathy

 

英語が達者な方は、ははぁ〜んと納得されたでしょうか?

2つ目のテレパシーといえば、
「あ!テレパシーね!」
「確かに!その通りだわ!!笑」

となりますよね!

日本語だと奥ゆかしさすら感じる以心伝心という響きが、Telepathyとなると突然、え?超能力なの?

と身も蓋もなく感じるのは私だけでしょうか?(笑)

英語でなく日本語として世界の方達にも伝えたい言葉ですね。

 

せっかくなので次は、以心伝心の使い方と例文をチェックしていきましょう!!


↓次のページ↓

 

1 2 3 4