花言葉は『花言葉マップ』

ワンマンの意味とは?使い方から対義語まで分かりやすく紹介!

ワンマンの意味とは?

ワンマンの文字とイラスト

ワンマンの文字とイラスト

 

ワンマンの意味は、

  • 自分勝手、独裁的
  • チームワークが取れない
  • 2人以上でやる事を1人で行う
  • 単独

です。

 

この言葉は、私やあなたの周りにもいる「独裁的、チームワーク」などに対して使われるカタカナ語です。

まぁ、このワンマンと使われた時は、「一人できて凄い」と褒める意味じゃなく、悪い意味で使われる。

 

確かに、ワンマンって聞くとあんま入り良いイメージないかも!

コトハちゃん

コト助くん

だね!テレビでもワンマン社長に対する愚痴とか、顔を隠して話してる人とかいるからね〜

 

さて、ワンマンを単体で聞くと、あまりイメージがよくない言葉のようですが、実際どんな場面に出てくる言葉か見ていきましょう。

ワンマン〇〇の意味を詳しく解説!

ワンマンといえば、「社長、ライブ」などが関係する言葉として思い浮かぶ人も多いですよね。

しゃーなしなと言う表情の男性

では、これらがどういう意味なのか?


先ほどのワンマンの意味を踏まえた上で、どうなっているのか詳しく見ていきたいと思います!

  • ワンマン社長…独裁的な社長・社長で全て決めて周りは補佐に回る・社長が絶対!
  • ワンマンライブ…自分のバンドやグループのみで行うライブ。

となっています。


こうやってみると、社長に関しても凄いリーダーシップとも言えますし、ワンマンライブだって自分たちでお客さんを集められるって凄いことですよね!

だからそのアーティストだけのファンが集まり、曲もパフォーマンスも皆ウェルカムです。

 

ワンマンライブで満席となれば、皆目的はひとつなのでライブは大盛り上がり、見知らぬ隣の観客とは友達のように楽しく過ごすことができることでしょう。

なので、それほど悪い言葉という訳じゃないんですよ。

まあ、「ワンマン」に関しては解釈によりますけどね。笑

 

さて、ここまででワンマンの意味についてはOKですよね!

ただ、言葉の意味を知っても使い方を知らないと間違って使うこともあります。

なので次は、ワンマンの使い方と例文を一緒に見ていきましょう!


↓次のページ↓

 

1 2 3 4