「おかのした」の意味と使い方とは?由来や元ネタが下品!?

おかのしたの由来や元ネタが…

叫ぶ男性

さて、「わかりました」のネット用語「おかのした」には、一体どんな元ネタが由来なのでしょうか?

これは男性同士の大人のビデオの中での発言が元ネタと言われているんですよ。

そのビデオで男優の方が口に物を含んだまま、返事した時に「わかりました」→「おかのした」と聞こえたことが由来だと言われています。

ただ、これが確実に元になったとは確定してはいないみたいですが、元ネタとしてはこの説がよく挙げられています。

 

どうでしたかー?

本当に結構下品だったでしょ?笑

気になっていた人が初めて、この由来となった元ネタを知った人たちの中には、激昂した人もいたみたいです。

この由来のせいか流行った時は、嫌悪感を抱く人が多かったそうですよ。

また、「オナシャス」というネット用語も同じような由来があるそうですよ。笑

 

元ネタが、思ってた以上にアダルトな話題だったね…

コトハちゃん

コト助くん

だから、知らないほうが良いって言ったのに!笑

 

さっきの由来が、インパクト強すぎて始めの方を忘れてしまったりしてませんかー?

でも、最後に今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!


関連記事

おかのしたの意味〜まとめ〜

コト助くん

さっそく、「おかのした」についておさらいしていこう!

◆おかのしたの意味

おかのしたの意味は「わかりました」でしたよね。

◆おかのしたの使い方

使い方は、お願いや頼み事に対して「おかのした」と、わかりましたの代わりに使えばOK!

ネット上では「〇〇買ってこい!」みたいな命令系に対して、「おかのした」のように使うことが多いみたいです。

◆おかのしたの由来

男性同士な大人ナビで話の中で、ある男優が口に物を含んだまま「わかりました」と言ったから「おかのした」と聞こえたことが元ネタだと言われている。

 

さて、おかのしたの意味や使い方、由来などを見てきました。

どうでしたかー?

由来はアレだけど、意味や使い方は普通に使えるので、いつのまにかもっと使う人が増えてるかも知れませんね。笑

その時、この言葉の由来を知ったらかわいそうだけどね。^ ^

でも、使う使わないにしろ見ることがあると思うので、意味や使い方だけでも覚えていって下さい!

 

では、今回の言葉マップは以上!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

1 2 3