コトハコトハ

報道番組でブーメラン国会って言ってたけど、どういう意味なの〜?

コト助コト助

テレビでもよく聞くようになったけど、ブーメランって元々ネット用語なんだ〜

コトハコトハ

へぇ〜、そうなんだ!

コト助コト助

今日はネット用語のブーメランの意味と使い方を見ていこう!

 

こんにちは!言葉マップ管理人の一村です。

ブーメランってテレビでも聞く事が増えていますが、コト助くんが言っていた通り元々はネット用語です。

でも、あまり聞いた事がないと意味がよくわかりませんよね〜

なので今回の記事では、ブーメランの意味や使い方、会話形式の例文などでわかりやすく紹介しています!

ブーメランの由来や元ネタもお伝えしているので、ぜひチェックしていってください。


スポンサーリンク

ブーメランの意味とは?

最近は、報道番組でも比喩として使われる事が増えてきた、ネット用語「ブーメラン」とはどういう意味なのか?

これはブーメランという物の特性を考えれば簡単なんですよー。

 

では、さっそく意味を見ていきましょう!

ネット用語「ブーメラン」の意味は、

  • 相手への批判などの発言が自分に返ってくる事。
  • つまり、発言がブーメランのように自分に返ってくる事

です。

ネット用語として使われていたブーメランは、このような意味で使われるは事がほとんどです。

もしかしたら、違ったニュアンスで使われることもあるかもしれませんが、覚えておくのは先ほどの意味で大丈夫!

↓このイラストのブーメランみたいな感じですよ〜。

ブーメランが帰ってきてぶつかるイラスト

 

コトハコトハ

例えば、「コト助君のイビキうるさい!」って言っていた人が、うるさいイビキをしていたらブーメランって事だね!笑


コト助コト助

意味は合ってるけど、なんで僕で例えるのさ〜…笑

 

どうでしたかー?

結構簡単な意味だったので、次から聞いたら見る機会があるとわかるんじゃないでしょうか!^_^

 

実は、このブーメランという言葉には、より大きい特大ブーメランというものも存在しています!

スポンサーリンク

では、この特大ブーメランとはどういう意味なのでしょうか?

ここまで見てきたのでわかるかもしれませんが、一緒にチェックしていきましょう!

 

特大ブーメランの意味とは?

特大ブーメランとは言葉のお通り、ブーメランのデカイやつのことです。

ブーメランは相手へ批判していた事が、そのまま自分に返ってくるという意味でしたよね。

なので、これの特大バージョンとなります。

つまり、

「物凄く罵倒や批判を言い切ってしていた」

「なのに、自分も同じ事をしていた。」

の場合。

これを特大ブーメランと言うんです!

まぁ、簡単に言えばよりダメージが大きいブーメランが返ってきたと考えておくと良いですよー!

 

さて、ブーメランの意味は簡単だったのでこれで大丈夫ですよね!

では、このブーメランって、

  • どのような時に使われる事が多いのか
  • どうやって使えば良いのか

など気になる事がありますよね。

コトハコトハ

次は、ブーメランの使い方を見ていこう!

 

オススメの言葉

 

ブーメランの使い方を例文で!

ブーメランというのは、相手を批判していたことを自分もしていて発言が返ってくる事でしたよね。

では、実際どういう場合がブーメランなのか例文を用意したので、参考にしてください。

では、さっそく見ていきましょう!

◆不倫ブーメラン!

コト助コト助

〇〇って人不倫を批判していたのに、自分も不倫してたんだってよ!

コトハコトハ

おぉ、すごいブーメランだね〜

コト助コト助

そうだよね〜。あんなに批判してたのに、一週間後にはブーメランが返ってきてたね!笑

コトハコトハ

私たちも発言は気をつけないと〜^ ^

これは実際にありそうな具体例ですねー。笑

このような感じの話題に対して、「ブーメランが返ってきたね」と言う意味で使うのが多いです。

 

◆他の使い方

  • ブーメラン国会=議論で攻めていた事が自分に返ってきた国会の議論のこと。
  • あの政治家の発言ってブーメランだよね〜
  • ブーメラン乙→発言が返ってきてますよお疲れ!

このように日常会話でも使える言葉なんですが、主にこの言葉が使われるのは、

  • 動画のコメント
  • ブログのコメント
  • ツイッターなどSNS
  • 2chなど掲示板(ここが一番多い)

などのネット上でよく使われています。


スポンサーリンク

コト助コト助

ブーメランって聞く事が増えたけど、元々の由来ってなんなのかなー?


コトハコトハ

確かに、どこから始まった言葉なんだろ?

 

2人とも良い質問ですね!

実は、これは流行り言葉の生みの親となる事が多いある場所が、元ネタや由来となっているんですよ。

では次は、ネット用語「ブーメラン」が生まれた場所を見ていきましょう!

ネット用語関連

 

ブーメランの由来や元ネタって?

ブーメランのイラスト

 

先ほども主に使われているのは、ネット上の投稿スペースだという事でしたよね!

なので、始まりもネットからなんです。

 

元ネタや由来と言われているのは、

  • 電子掲示板サイト2ちゃんねる

で使われ始めた事です。

よく使われる話題としては、政治ネタで政治家の発言などのブーメランがよく捉えられています。

いわゆるネットスラングと言うやつですね。

この言葉が色々なネット媒体(ツイッター、YouTube)などでも使われた事から、広まったと考えられます。

コトハコトハ

2ちゃんねる由来の言葉って多いよね!


コト助コト助

確かに!若者言葉の中にも元々2ch用語の場合もあるからね!

スポンサーリンク

では、最後に今回の内容をまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

関連記事

まとめ

コトハコトハ

じゃあ、さっそくブーメランについておさらいしていこう♪

◆ブーメランの意味とは

  • 批判などの発言が自分に返ってくる事。
  • 批判していたことを自分もしていて、ブーメランが返ってくる。

◆ブーメランの使い方

  • ブーメラン乙
  • ブーメラン国会
  • あの政治家の発言ブーメランだよね
  • 主にネット上で使われる(2ちゃんねる)

◆ブーメランの元ネタや由来

  • 電子掲示板2ちゃんねるで政治ネタで使われていた。
  • 次第にあらゆるネット媒体で、使うことで広まったネットスラング。

これでブーメランの意味はバッチリですよね!

なので、次から見聞きしたら、

「あっ!この人発言が返ってきたんだな〜」

とスムーズに分かりますよ!

 

このサイトには他にも若者言葉などもお伝えしているので、知らない言葉があれば参考にしてください。

あと、気になる言葉や分かりにくかったりする事があれば、気軽にコメントしてくださいね〜♪