コト助コト助

ねぇ、アウトサイダーってどういう意味だと思う?

コトハコトハ

え?なんかちょっと不良っぽいイメージ?

コト助コト助

んー、大きく外れてないけど少し違うかなぁ、

コトハコトハ

え?じゃあ、どういう意味の言葉なのよ?

コト助コト助

そうだな。じゃあ、今回はアウトサイダーについて見ていこうか♪

 

アウトサイダーという言葉はあまり聞くことも少ないと思うけど、聞いたことがある方も多いですよね。

イメージとしてはチョイワルな雰囲気な言葉で、不良や常識がないというときに使われることもありますが、一体どういった意味があるのでしょうか?

 

というわけで今回は、アウトサイダーの意味や使い方を使用例を用いて、わかりやすくお伝えしています。


スポンサーリンク

アウトサイダーの意味とは?

アウトサイダーの文字

アウトサイダーの意味は、

  • 組織など集団の外の人、部外者
  • 社会の常識の枠にとらわれない、独自の思想を持つ人

となっています。

 

さて、アウトサイダーと聞けば少し「ワル」って印象を持つ人も多いけど、組織や集団から距離を置いていると言う意味合いですよね。

例えば、

  • 考え方だったり
  • 組織や集団に所属していない

など、という風に離れているという感じです。

 

まぁ、周りと違うことを考えたり枠にとらわれていないので、組織には属さず独自の道を行くというイメージがあるので、ちょいワルな感じで思われるのかもしれませんね。

このアウトサイダーという言葉は、皆さんも経済ニュースで聞いたことがある「インサイダー」の対義語です。

あなたも「インサイダー取引(内部情報を知っての株などの取引)」という言葉は、聞いたことがあるんじゃないでしょうか。

 

コトハコトハ

なんだ〜、アウトサイダーの意味って勝手に不良的なことだと思っていたよ!笑

コト助コト助

まぁ、ある意味間違ってないかもしれないけどその場合はアウトローって言うんじゃないかな?

コトハコトハ

あぁ、確かにアウトローの方がワルだ!

 

スポンサーリンク

さて、ここまででアウトサイダーの意味については大丈夫でしょうか。

あまり会話とかで使う言葉ではないけど、どういった使い方をするのかも知っておいたほうがいいですよね!

 

なので次は、アウトサイダーの使い方・使用例について見ていきましょう!

オススメ記事

 

アウトサイダーの使い方・使用例!!

◆使用例

  • 会社は時に、アウトサイダーの意見も取り入れていった方がいい。
    (アウトサイダー=組織の外の人、部外者)
  • 彼はアウトサイダーとしていきているけど、同じように道を歩むには覚悟が必要だ。
    (アウトサイダー=社会の常識の枠にとらわれない)

※カッコは、意味を紹介しています。

使い方としてはこんな感じで大丈夫!

でも、何か本などのキャッチコピーなどで使うことはあるけど、普段会話で使うことがないので知識程度で覚えておけばOKですね!

 

最後に、今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

 

まとめ

コトハコトハ

さっそく、アウトサイダーについておさらいしていこう♪

◆アウトサイダーの意味

  • 組織など集団の外の人、部外者
  • 社会の常識の枠にとらわれない、独自の思想を持つ人

 

さて、今回はカタカナ語のアウトサイダーの意味や使い方を見てきました。

多くの人が「ちょいワル」というイメージを持っている言葉ですが、意外と普通の意味だったんじゃないでしょうか。

普段の会話でも使う言葉じゃないけど、テレビで使われていたりする言葉です。

 

なので、これからも耳にする機会もあると思うので、その時に「あぁ、確かこういう意味だったなぁ」と、

今回の記事の内容を思い出していただければ、当サイトとしてもめちゃくちゃ嬉しいです!^ ^

他にも、色々な言葉を紹介しているので気になる言葉があればぜひ見ていってくださいね〜。

 

オススメ記事

 

では、今回の言葉マップは以上で!

最後まで読んで頂きありがとうございます。^ ^