ベクトルの意味と使い方とは?分かりやすく3つの使用例で紹介!!

ベクトルの意味とは?

ベクトルの文字とイラスト

ベクトルの文字とイラスト

さて、ビジネスでも日常でも良く聞くようになった、ベクトルの意味とは何か?

本来の意味は難しかったりしますが、簡単な言葉に言い換えると簡単なので、すぐに覚えられますよ!

では、さっそく見ていきましょう。

ベクトルの意味は、

  • 方向
  • 進路
  • 方向量

などの意味があります。

と言われても、ベクトル本来の意味はちょっと難しい言葉になってしまいます。

そもそも、ベクトル(vector)というのは物理学の世界の言葉で「空間の大きさ、方向も持った量」という言いの言葉なので、本来は数学などで使われる言葉。

コト助くん

じゃあ、日常会話やビジネスで使われている意味合いとしては、どういった意味があるの?

それは「方向性、〇〇が向かう方向」といった言葉に言い換えるのが良いよ!

コトハちゃん

 

確かに、言い換えるならその言葉が一番適切かもしれないね!

元々は、ちょっと違った意味のカタカナ言葉なんですが、いつの間にかビジネスの世界やテレビの芸能人の方たちも使う言葉となっていましたからね~。

なので、自分が使うにしてもあなたの周りが使っていたとしても、「方向性、○○の向かう方向」みたいに考えておくと、会話としては通じますよ。

 

どうですかー?

方向性や向かう方向といった言葉に言い換えると、意味合い的にはイメージできたんじゃないでしょうか。

コト助くん

んー。でも、どういうタイミングでどうやって使えばいいのかは心配だね!

確かに、使い慣れてないと「ベクトル」って使いにくいかも!

コトハちゃん

 

そうだね。

間違って使えば相手に通じないし、知ったかぶりで恥ずかしい思いをするのは誰だって嫌ですからね。

じゃあ次に、ベクトルを使った会話の例文と3つの使用例などまとめたので、使い方についても一緒にしっかり覚えていきましょう!

おすすめカタカナ語



↓次のページ↓

 

1 2 3