バイブスの意味とは?ギャル語の使い方を2つの例文で!!

バイブスの語源や由来って?

音楽を聴く男性

バイブスといえば、踊るさんま御殿で「今井華さん」がバイブス上がる!と発言したことで、一般的に認知されました。

でも、先ほどとお伝えしていますが、今井華さんが作った造語でなく、英語が由来です。

このバイブスは、アメリカのスラング英語バイブレーション(vibrations)の略でくだけた意味として、その場の雰囲気や気持ちなど言葉が語源。

バイブレーションとは「〇〇が震える」といった意味ですが、気持ちが震えるといった意味でも使われるようになったみたいです。

簡単に言えば、バイブレーションの略というわけです。

これが日本では、レゲエやHIP-HOPなどのジャンルでノリや雰囲気がいいものに対して、「バイブスが良い」などのように使われていました。

やっぱり、英語が由来なんだね!

コトハちゃん

コト助くん

英語には憧れがあるから真似したくなるからね〜

 

さて、ここまでバイブスの意味や使い方を見てきました。

ちゃんと覚えてますかー?

最後に今回の内容をまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

関連記事

まとめ

じゃあ、最後にバイブスについて復習していこう!

コトハちゃん

◆バイブスの意味

  • その時の雰囲気やテンション、ノリなどを表す言葉。

◆バイブスの使い方

  • 基本的に、バイブスが〇〇といった風に使われます。
  • 〇〇には「悪いor良いか」「高いor低い」「上がるor下がる」などが入ることが多い。
  • 例えば「テンション上がる=バイブス上がる
  • 君テンションが高いね=君バイブス高いね

◆バイブスの語源や由来

  • バイブレーションの略。
  • バイブレーションは〇〇を震わせるのような意味。
  • また、気持ちが震えるという意味のスラングとして音楽に使わらら言葉だった。
  • 今井華さんがテレビで使ったことで、一般的に認知されるようになりました。

さて、ここまでバイブスの意味や使い方は完璧なんじゃないでしょうか!

まぁ、明日から使って見ます!笑

コトハちゃん


コト助くん

使うとギャルっぽく見られるかもしれないけどね~

 

何書きになる事があれば気軽にコメントしてくださいね!

あと!他にも色々な言葉について紹介しているので、気になる言葉があれば参考にしてください♪

1 2 3