コト助コト助

バイブス上がらないんだ~

コトハコトハ

ねぇ、バイブスってどういう意味なの?

コト助コト助

えっ!?意味は良く分かって無いんだけど・・・

コトハコトハ

知ったかぶりなんだね!笑

コト助コト助

そ、そうだよ。じゃあ今日はバイブスの意味や使い方を見ていこうか!

 

こんにちは!言葉マップ管理人の一村です。

バイブスってギャル語としてSNSとかで、若い人たちが中心になって使っています。でも、会話で使った事が無いと意味って分かりませんよね?

先ほどのコト助くんのように知ったかぶりするのもあまりいいとは言えませんし。この機会にバイブスの意味を覚えていっていただければと思います!

なので今回の記事では、バイブスの意味や使い方を例文でお伝えしています。また、バイブスの語源や由来なども紹介しているので、ぜひ参考にしてくださいね♪


スポンサーリンク

バイブスの意味とは?

バイブスの文字

さて、ギャル語として一般的に認知されてきた、バイブスとはどのような意味なのか?

さっそく、意味をわかりやすくお伝えしていきますね〜。

バイブス(Vibes)の意味は、その時の

  • 雰囲気
  • 気持ち・テンション

を表す言葉となっています。

主に音楽関係の時に使われていた言葉で、ノリや雰囲気がいい曲に対して使われたりします。

 

また、数年前モデルの今井華さんがテレビで使ったことがきっかけで、ギャル語としても普及していいます。

なので、音楽に関係なくても使うことが多いですよね〜。

その時の意味としては、バイブス=テンション・ノリが

  • 良いor悪い
  • 上がるor下がる
  • 高いor低い

として使われるんですよ。

コトハコトハ

意味がわかって、バイブスが上がったよ!みたいな感じかな〜?

コト助コト助

まぁ、合ってるけどそういう時は使わないかもね…笑

スポンサーリンク

どうでしたかー?

バイブスの意味はある程度イメージできましたでしょうか。

コトハコトハ

んー。でも、まだ使い方がちょっと不安だな〜。

そうだね。

次の章では、バイブスを会話でどうやって使っていくのか、使い方を例文で紹介してるので参考にしてください!

コト助コト助

じゃあ、次はバイブスの使い方を例文で見ていこう!

オススメの言葉

 

バイブスの意味と使い方!

先ほどバイブスの意味は、その時の「テンションや雰囲気」を表す言葉でした。

この言葉を使う時はどういうタイミングで、どういう風に使えばいいのか?しっかりチェックしておきたいですよね!

 

バイブスを使った2つの例文があるので、しっかり見ていきましょう。

 

 

例文①

◆友達と音楽の話

コト助コト助

なんかノリノリだけど、何聴いてるのー?

コトハコトハ

んー?あぁ、〇〇って曲!バイブス上がるよ〜!

コト助コト助

確か、あの曲はバイブス上がるよねー!!

これは「この音楽聴くとテンション上がる」=「この音楽聴くとバイブス上がる」という意味使われていますよね!

他にも、音楽に対しては「雰囲気がいい曲=バイブスが良い曲」としても使えます。


スポンサーリンク

コト助コト助

次は、もう1つの例文もあるから見ていこう!

例文②

◆遊んでいて

コト助コト助

うわぁ、予約したのに入らないってさぁ

コトハコトハ

えっ!?マジでバイブス下がるわ〜

コト助コト助

本当だよ。こんなにバイブス下がったの久しぶりだよ…

どうでしょう!

この使い方でのバイブスの意味はわかりますかー?

解説すると「テンション下がる」=「バイブス下がる」となりますよね。

 

ここまでお伝えしていますが基本的には「バイブスが〇〇」として使われています。

他には、

  • バイブスが悪い
  • バイブスがたけー(高い)
  • バイブスが低い
  • バイブス高めていこう!

といった感じで考えていただけるとOKです!

これでバイブスの意味や使い方は大丈夫でしょう!

コトハコトハ

でも、そもそもバイブスの語源や由来ってなんなの?


コト助コト助

んー、英語とかじゃない?

そうです!

バイブスの語源は英語になっているんですよー。

せっかくなので次は、バイブスの語源や由来を見ていきましょう!

オススメの記事

 

バイブスの語源や由来って?

音楽を聴く男性

バイブスといえば、踊るさんま御殿で「今井華さん」がバイブス上がる!と発言したことで、一般的に認知されました。

でも、先ほどとお伝えしていますが、今井華さんが作った造語でなく、英語が由来です。

このバイブスは、アメリカのスラング英語バイブレーション(vibrations)の略でくだけた意味として、その場の雰囲気や気持ちなど言葉が語源。

バイブレーションとは「〇〇が震える」といった意味ですが、気持ちが震えるといった意味でも使われるようになったみたいです。

簡単に言えば、バイブレーションの略というわけです。

これが日本では、レゲエやHIP-HOPなどのジャンルでノリや雰囲気がいいものに対して、「バイブスが良い」などのように使われていました。

コトハコトハ

やっぱり、英語が由来なんだね!

コト助コト助

英語には憧れがあるから真似したくなるからね〜

 

さて、ここまでバイブスの意味や使い方を見てきました。

ちゃんと覚えてますかー?

スポンサーリンク

最後に今回の内容をまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

関連記事

 

まとめ

コトハコトハ

じゃあ、最後にバイブスについて復習していこう!

◆バイブスの意味

  • その時の雰囲気やテンション、ノリなどを表す言葉。

◆バイブスの使い方

  • 基本的に、バイブスが〇〇といった風に使われます。
  • 〇〇には「悪いor良いか」「高いor低い」「上がるor下がる」などが入ることが多い。
  • 例えば「テンション上がる=バイブス上がる
  • 君テンションが高いね=君バイブス高いね

◆バイブスの語源や由来

  • バイブレーションの略。
  • バイブレーションは〇〇を震わせるのような意味。
  • また、気持ちが震えるという意味のスラングとして音楽に使わらら言葉だった。
  • 今井華さんがテレビで使ったことで、一般的に認知されるようになりました。

さて、ここまでバイブスの意味や使い方は完璧なんじゃないでしょうか!

コトハコトハ

まぁ、明日から使って見ます!笑


コト助コト助

使うとギャルっぽく見られるかもしれないけどね~

 

何書きになる事があれば気軽にコメントしてくださいね!

あと!他にも色々な言葉について紹介しているので、気になる言葉があれば参考にしてください♪