すこぶる(頗る)の意味と使い方!実は真逆の意味が2つ!?

例文①

◆友達との会話で

コト助くん

コトハちゃん!今日、なんだか元気だね?
うん!なんでか分からないけど、すこぶる元気なんだー

コトハちゃん

コト助くん

すこぶる元気って、そんなになんだ!笑

こんな感じで使えば大丈夫です!

この会話では見ていただければわかる通り、「すごく・非常に元気」=「すこぶる元気」という意味で使われていますよね?

他にも使うときは基本的に「すこぶる〇〇」のように使う人が多いです。

 

例えば、

  • すこぶる気に入った=非常に気に入った
  • すこぶる疑問に思う=すごく疑問に思う
  • すこぶる迷惑だ=すごく・非常に迷惑だ

上のように使うのがいいんじゃないかと思いますよ。

さて、すこぶるにはもう1つの意味がありましたよね。

日常では聞かない意味の使い方ですが、こちらも念のためにチェックしておいたほうがいいですよ〜。

じゃあ次は、もう1つの例文を見ていこうか♪

コトハちゃん

オススメの言葉

 

例文②

◆逆の意味で使うなら?

コト助くん

昨日は、元気だったのに今日はあんまりだね〜
そんなことないよー。頗る元気だよ。

コトハちゃん

コト助くん

まぁ、そういうことにしておくよ!笑

 

これは先ほどと同じような例文となっていますが、意味は変わって来ます。

この場合は「まあまあ元気、少しは元気」=「頗る元気」という意味で使われていますよね。

この意味で使われるのは、古典文法として授業とかでした聞かないかも知れませんけど…。笑

 

これは次の章でお伝えしていますが、元々はこの意味が正式だったようですから。

んー、すこぶるの語源って何なのかなぁ?

コトハちゃん

良い質問が来ましたね〜。

これはすこぶるの「すこ」と「ぶる」それぞれに意味がある言葉の組み合わせなんですよ。

コト助くん

せっかくなので次は、すこぶるの語源と由来を見ていこう!

関連記事


↓次のページ↓

 

1 2 3 4