すこぶる(頗る)の意味と使い方!実は真逆の意味が2つ!?

すこぶる(頗る)の意味とは?

すこぶるは漢字で頗ると書きますが、この言葉には2つの意味が存在しています。

頗るの2つの意味は、それぞれ真逆の意味だったりするので、使うときはちゃんとした使い分けが必要ですよ〜!

 

では、さっそく意味を紹介していきますね。

すこぶるの意味は、

  1. 非常に、たいそう
  2. 少し、いささか

となっています。

どうですかー?

本当にすこぶるの2つの意味は真逆となっていますよね!

なので、前後の会話や表情などで「すこぶる元気」と使っても、意味が真逆になってしまうというわけです。

すこぶるを使うときも、相手の話を聞くときも難しいね!

コトハちゃん

コト助くん

んー、ちゃんと使い分け出来るか心配だ…

たしかに、使うときも難しいし相手が使ったときも見分けるのが難しいよね〜。

次の章で使い方を会話形式の例文で紹介してるので、参考にしていただけるとイメージ出来ると思いますよ!

 

コト助くん

さて、次はすこぶるの使い方を例文で見ていこう!

おすすめ記事

すこぶるの意味と使い方を例文で!

すこぶる元気な女の子

さて先ほどお伝えした意味は2つありましたが、良く使われるのは「非常に」という意味で使われています。

一般的に使うときは、

「すごく〇〇、めちゃくちゃ〇〇」=「すこぶる〇〇」

というイメージです。

逆に、「少し」という意味では国語の授業では使われていますが、日常会話ではあまり使われていない印象があります。

 

では、どのように使われているのか?具体的な例文を見てイメージしていきましょう!

 


↓次のページ↓

 

1 2 3 4