因果応報の意味とは?類語や使い方を例文でカンタン解説!!

因果応報の意味とは?

因果応報(いんがおうほう)の意味は、

  • 過去から前世に渡り、自身のした行いが善悪問わず現在の自身に返ってくること

です。

 

現代でのイメージは、『悪いことしたらバチが当たる』というイメージがついていますよね。

しかし、『良いことは報われる』のイメージでも、本来は使える四字熟語なんです。

 

つまり、簡単に言えば「自分がした行いが帰ってきた時=因果応報」なので、良いことは進んでするべきだし悪いことはシないほうが良さそうですね。

あっ!これは当たりまえか!笑

 

コト助くん

悪い行いが自分に返ってくることだと思ってたよ!
まぁ、物語でも悪いやつにその行いが返っくるシーンのほうがスッキリするから、そういう印象が多いのかもね!

コトハちゃん

コト助くん

でも、使うとするならどんな時に、どうやって使えばいいの?
それは次で、例文と合わせて紹介してるから安心して!

コトハちゃん

 

では、さっそく因果応報の使い方と例文を見ていきましょう!

 

因果応報の使い方と例文

例文①

近所中の根も葉もない噂話や悪口ばかり言い回る迷惑なご近所さん。
結局居づらくなって引っ越したらしい、家族は気の毒だが因果応報だ。
(悪いことが返ってきた)

例文②

引ったくり犯人を追いかけて捕まえ、反撃され怪我もしたが犯人は現行犯逮捕となった。
数日後、まさか宝くじ当選!これは因果応報だったのではないかとすぐ家族に知らせた!
(良いことが返ってきたv)

 

因果応報の意味合いが、「バチが当たる」と「良いことをすれば自分に返ってくる」という例文でした。

他に『苦労した甲斐があった』という時にも利用されます。

 

案外、日常的な一場面での喜びや怒りを感じた時に、それまでの自分の行いを善悪に関係なく、振り返る時に使われるんですね!

ここまでで意味と活用のタイミングはOKでしょうか?

 

それでは自分の行いは、自分に返ってくるという意味の四字熟語で、他にはどんなものがあるのかも見ていきましょう!


↓次のページ↓

 

1 2 3