「ないたー」の意味とは?若者言葉の使い方や元ネタを一発チェック!!

若者言葉「ないたー」の使い方って?

コト助くん

なんか、今日テンション高かったよね?
○○のコンサート行って、握手してもらえた時嬉しすぎてないたーって感じだったんだ!

コトハちゃん

コト助くん

たしかに、そんなことがあったら泣くわな!笑

 

LINEなどで使うならこのような感じでしょうか。

ただ、ネットを見ていても「会話の中で使ういうより、個人でのツイートなどで〇〇でないたーといった感じ」なので、自分の感想を述べるときに使うことが多い若者事なのかもしれませんね。

 

では、そのときに使うのをイメージしやすようにいくつかの使用例を用意しているので、合わせて読んでいただければ読んで思います。

◆使用例

  • それほんと?本当なら嬉しすぎてないたー
  • 昔できなかってことができて、マジないたー
  • 好きな人に振られて、ないたー
  • 並んで食べたラーメンが、美味しすぎてないたー

 

以上が、若者言葉の意味や使い方、元ネタとなっています!

最後に、今回の内容を簡単にまとめたので一緒におさらいしていきましょう!

 

まとめ

さっそく、「ないたー」について復習していこう♪

コトハちゃん

◆ないたーの意味

  • 泣いたという意味
  • ただ、悲しくてという意味だけでなく、嬉しい楽しいといった感情を強調するためにも使う。
  • 泣いたという言葉を軽くしたイメージの若者言葉。

◆ナイターの使い方・使用例

  • 基本は、マジで使うのでSNSを中心にネット上で使うことが多い。
  • 並んで食べたラーメンが、美味しすぎてないたー
  • 昨日アップした動画が、1億回再生されていてないたー!

 

「泣いた」って普通に使うと、重くて寂しい印象の言葉だけど、若者言葉だと逆に明るくなりますよね!

意味を知った後だと、「なんか悲しい時でも、泣いたよりないたー」って書くと明るい印象になりませんか?笑

なので、何か悲しいことがあった時、周りに心配された時に使うのもいいかもしれませんね〜。

 

では、今回の言葉マップは以上です!

最後まで読んで頂きありがとうございます。^_^

1 2 3