沸く・沸いたの意味とは?Twitterでよく見る言葉の使い方!!

「沸いた・沸く」の意味とは?

湧く・湧いた

沸いたや沸くという言葉は、2016年ギャル語流行語大賞に選ばれた言葉で、よく見かけるのはTwitterなどのSNSが中心です。

また、中には日常会話でも使う人もいるみたいですよ。

でも、どういう意味かは使った事がないとよくわかりませんよね。

 

なので、さっそく「沸いた」の意味をチェックしていきましょう!

沸いた・沸くの意味は、

  • 嬉しい
  • 最高!

などテンションが上がったり、興奮した状態を指す若者言葉です。

つまり、SNSで友人が「沸いた、沸く」といっている場合は、「何か良いことがあった」と考えてOK!

沸騰する=テンションが上がるといったイメージです。

 

また、同じ読み方で「湧く、湧いた」という言葉がありますが、この言葉との違いと使い分け方は後半でお伝えしています。

なので、合わせて読んでくださいね〜♪

 

若者言葉って意味を知ると簡単な事が多いよ
ね♪

コトハちゃん


コト助くん

たしかに、学生だから使いやすい事を重視してるんじゃないかな

 

では、実際にこの若者言葉をどういう時に使うのか?どういうタイミングか?など知っておかないといけません。

間違うと会話になりませんし、恥ずかしいですから…笑

 

なので次は、沸いた・沸くの使い方を使用例を交えて見ていきましょう!

 


以下の記事に最新の若者をまとめて紹介しています。

SNSや日常会話で使われることが多いものをランキングでまとめているので、とりあえずココで紹介している言葉のいくつかは知っておきたいです、

関連記事 最新JK語(若者言葉)30【2019年の使用率を徹底調査】

若者言葉ランキングの表紙画像最新JK語(若者言葉)30【2019年の使用率を徹底調査】

沸いた・沸くの使い方知ってますか?

SNSでの使用例

スマホとパソコンの写真

SNS、特にTwitterではその時の気持ちや、出来事について書く事が多いですよね。

なので、沸いた・沸くをTwitterなどで使うときも、テンション上がったことをつぶやくイメージで大丈夫。

 

では、さっそく使用例をご紹介していきますね。

◆使用例

「〇〇(好きな芸能人)が、次の月9の出演決まって沸いた。」

「今日のバイトで、イケメンに話しかけられて。めちゃくちゃ沸いたよ。」

「テストで満点はマジで沸く」

以上のようにあなたがテンション上がった時に、その理由の後に沸いたや沸くと繋げる感じで使います。

つまり、「〇〇(テンションが上がった理由)+沸いた」を使う。

 

どうですかー?

SNSでの使い方は大丈夫でしょうか?

また、日常会話での使い方は次で紹介しているので、気になっている方は次の章も合わせてチェックしてくださいね〜♪

じゃあ、次は日常会話での使い方を見ていこう!

コトハちゃん


↓次のページ↓

 

1 2 3 4