アクティブの意味とは?使い方や反対語について分かりやすく解説!!

アクティブの使い方を例文で!

コト助くん

コトハちゃんはもっとアクティブになったほうが良いんじゃない?
んー、わかってるんだけど人見知りだから、新しく友だちを作ったりするのが苦手なんだ~

コトハちゃん

コト助くん

サークルとか入ってみると、アクティブな人が多いから自然と馴染めるんじゃないかな?
・・・想像してみたけど、やっぱり無理かなぁ。笑

コトハちゃん

以上がありそうな会話例となっていますが、どうですかー?

この会話では、「消極的な人にもっと積極的や活発になったほうが良いよ」=「アクティブになったほうが良いよ!」でとなったいるのがわかると思います。

この言葉はほかなおカタカナ語と比べても難しい使い方でもないので、アクティブの意味を知っておけば大丈夫じゃなでしょうか。

 

あと、念の為に他の使用例をいくつか要ししているので合わせて読んでいってくださいね~。

◆使用例

  • 最近のシニア世代は、退職後にアクティブな活動をする人が多い。
  • 私の周りにはアクティブな人が多い。
  • 我が社の活動は多岐にわたり、社員はアクティブを意識している。
  • 今までは消極的だったので、大学に入ってからはアクティブにいきたい。

 

最後に、今回の内容を簡単にまとめたので一緒におさらいしていきましょう!

おすすめのカタカナ語

 

まとめ

さっそく、アクティブについておさらいしていきましょう!

コトハちゃん

◆アクティブの意味

  • 積極的
  • 元気で活発な様子では
  • 能動的
  • 自ら進んで何かをする

◆反対語・対義語

  • 対義語はパッシブ
  • 受け身
  • 消極的
  • 他から働きを受けるさま

◆アクティブの使い方

  • アクティブラーニングのようにアクティブ〇〇と単語をつなげる使うこともあるが、「アクティブな活動」などと使うことも多い。
  • 最近のシニア世代は、退職後にアクティブな活動をする人が多い。
  • 私の周りにはアクティブな人が多い。

 

さて、今回はアクティブというカタカナ言葉について見てきました。

私自身がアクティブになるかはおいておいて、意味がわかったから機会があれば使ってみるよ!

コトハちゃん


コト助くん

そっか。笑
でも、アクティブ〇〇って言葉が話題になった時、言葉の意味を知っておくと理解しやすいから良いよね!

確かに、ちょっと前にアクティブシニアって言葉が謎だったけど、今回で意味がわかったからなんとなく想像できるよ!

コトハちゃん


コト助くん

一応説明すると「元気な高齢者、退職後にいろんな活動をする人」ッテ意味で使われていたんだって!

 

あなたも明日からアクティブと言う機会があればじゃんじゃん使っていってください!

この記事のコメント欄位でもあなた考えた使い方を書いていただけるのもありですよ!
(コメントを頂けると執筆者の私が嬉しいだけですけど・・・。笑) 

 

では、今回の言葉マップは以上です!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

1 2 3