アウェイの意味と使い方とは?あなたはちゃんと知っていますか?

アウェイの使い方を例文で!

コト助くん

なんか最近、バイトに行くのが楽しくなってきた〜!
え?この前までアウェイ過ぎていきたくないっていってたじゃん!

コトハちゃん

コト助くん

いや〜、話すようになってから段々とアウェイな空気が無くなってたんだ!
へぇ〜、よかったじゃん!!

コトハちゃん

アウェイを会話で使うとするなら、上記のような流れで使うことが多いですよ〜。

まぁ、当然だけど内容はその都度違いますけどね!笑

 

一応、この会話を解説すると「バイト先で同僚と仲良い人が居ないので、その場に居ずらい」=「バイト先がアウェイ」と言う意味で使われていますよね。

見ていただけると分かる通り、少し自由度が高いので「気まずい場所」と言うニュアンスでも使うことがありますよ〜。

 

使用例

では、いくつかの使用例を見てイメージを固めていきましょう!

  • 転校初日はの教室は、やはりアウェイな空気は避けられない
  • サッカーを見てて一番好きなのは、スーパープレーでアウェイを黙らせるシーン。
  • 出店先がアウェイ過ぎるけど、頑張って成り上がりたい!

 

最後に、今回の内容をまとめたので一緒におさらいしていきましょう!

おすすめ記事

 

まとめ

さっそく、アウェイについておさらいしていこう!

コトハちゃん

◆アウェイの意味

  • 敵地
  • 条件が悪い・不利な場所
  • 場違いな雰囲気な場
  • 自分にとって居心地が悪い
  • 敵が多い場所

◆反対語・対義語

  • ホーム
  • 意味は、本国・故郷・本拠地

◆アウェイの使い方と使用例

  • 使い方としては、〇〇(場所)はアウェイのように、前後に意味に関係する言葉をつける。
  • 転校初日の教室は、やらりアウェイな空気は避けられない。
  • サッカーを見てて一番好きなのは、スーパープレーでアウェイを黙らせるシーン。

さて、今回はカタカナ言葉「アウェイ」について見てきました。

スポーツ大会があれば必ずといってよく聞く言葉だけど、意外と意味合いが多いって知らなかったんじゃないでしょうか。笑

普段の会話でも使えるので、当サイトオススメ言葉です!

 

では、今回の言葉マップは以上で!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

1 2 3