アウェイの意味と使い方とは?あなたはちゃんと知っていますか?

アウェイの意味とは?

アウェイの文字とイラスト

アウェイの文字とイラスト

アウェイ(away)また、アウェーと表記することもあります。

アウェイの意味は、

  • 敵地(スポーツなどで)
  • 自分にとって居心地悪い
  • (そこにいると)自分が場違いな雰囲気がする
  • 敵が多い場所
  • 条件が悪い・不利な場所

です。

他にも言い換えるなら、「その場所にいると疎外感を感じる場所もアウェイ」と言えるかもしれませんね〜。

 

また、実際に敵対してるとか関係なく、自分自身がそう感じたのであれば、それは「アウェイな空間」と言えると思いますよ。

例えば、「転校初日の教室」とかそういった風に感じるかもしれませんね。
(私は、転校経験はないけど、地元の人が多い高校とかはアウェイ感がありました。笑)

 

なるほどね〜。スポーツに関係なく色々な場面で使えそうな言葉だね!

コトハちゃん

コト助くん

だね!学校に入りたての時とか、ツイッターで書いてる人とかいるみたいだよ!
あぁ、確かに入学したての時って、なんかアウェイな空間な気がしてしまう…。

コトハちゃん

 

ここまででアウェイの意味について、ある程度までイメージできたでしょうか。

でも、アウェイと言うカタカナ語の対義語・反対語も気になったりしませんかー?

せっかくなので次は、アウェイの対義語・反対語について見ていきましょう!

おすすめ記事

 

アウェイの対義語・反対語は?

アウェイというカタカナ語の対義語・反対語として使われているのは、スポーツで言うならホーム(本拠地)です。

この場合ホームの意味は、

  • 故郷
  • 本国
  • 本拠地
  • 心地がいい場

です。

これもアウェイと同じく聞いたことがある言葉ですよね。

野球でも「ホーム&アウェイ」って言葉が使われるくらいですから。

でも、アウェイ同じくホームって何となく意味がわかるけど、どんな意味があるか意外と知りませんよね?笑

なので、この機会にこれも覚えていってください!^ ^

 

さて、ここまでアウェイの意味や対義語を見てきましたね。

でも、実際に会話などで使うとするとどうやって使えばいいのか?っていうのも悩みどころじゃないでしょうか。

なので次は、アウェイの使い方を例文で見ていきましょう!


↓次のページ↓

 

1 2 3