ブッチの意味と使い方とは?具体的な会話例を2つ紹介!!

ブッチの意味とは?

ブッチ

ブッチといえば、「〇〇ブッチ」や「ブッチした」と使われることが多いけど、似た言葉に言い換えると結構カンタンな若者言葉ですよ。

いくつか言い換えられる例を出したので、一緒に見ていきましょう!

ブッチの意味は、

  • 無視する
  • 約束を破る
  • 連絡を絶つ
  • サボる

などのニュアンスがある言葉です。

以上がブッチの意味です。

 

さて、ブッチの意味は大丈夫でしょうか?

基本的には、授業やアルバイト・仕事などを連絡なしで、勝手に休む事を言ったりしますね。

他にも、LINEで言えば「既読ブッチ=既読が付いてるのに無視している」など、連絡を無視することにもよく使われますね。

 

わざとじゃなくても、遊ぶ約束に待ち合わせ場所に行けなくてブッチしてしまうこともあります。

つまり、「わざとでも・わざとじゃ無くても」ブッチにはなりますよ〜。

 

実は、最近の若者言葉と思いきや、結構昔から若者の間で使われていた言葉のようです。

ブッチには結構歴史が!

ブッチは結構昔からある若者言葉で、1980年代後半に生まれた言葉で、当時の不良の中から生まれた言葉みたいです。

元々「ぶっちぎる」の略。

今は、不良じゃなくても使う言葉になるとは、時間の進みとういのは面白いですね。笑

 

コト助くん

ブッチって30年近く歴史があるなんてスゲェ!
当時、10代の人も、もう40代に…。笑

コトハちゃん

 

さて、ブッチの意味はもう紹介しているので大丈夫ですよね!

次は、会話の中でどうやって使えばいいのか?に焦点を当てて、ブッチの使い方を会話形式の例文で見ていきましょう!

関連記事


↓次のページ↓

 

1 2 3