出来レースの意味とは?使い方を会話形式の例文で徹底解説!!

出来レースの意味とは?

出来ーレースのイラスト

さて、色々な所で見聞きする事も多い出来レースとはどういう意味なのか?

さっそく、見ていきましょう!

出来レースの意味は、

  • 談合で八百長、競う前から結果が分かっている事。
  • また、話し合いをして無くても結果が確実視されてたりする場合。

つまり、「やる前から結果がわかる事」を指す言葉です、

以上が出来レースの主な意味になっています。

ここまで大丈夫でしょうか?

まぁ、簡単に言い換えてると、

  • 「Aくんを勝たせようと話し合って、結果Aくんが勝つ」と、これは出来レース。
  • 「話し合ってなくても、Aくんが勝つと予想されていたりしてAくんが勝つ」と、これも出来レースと言ったりしますね。

出来レースをの事例を紹介しましたが、わかりましたかー?

基本的な意味は1の事例なんですが、若い人の間では事例に2の意味でも使われていたりしますよー。

つまり、「結果が見えてる出来事」と覚えておけば、基本的には間違える事はないでしょう!

 

コト助くん

そうだね。学生だったら付き合えるの確定で告白すると出来レースって言ったりもするしね〜
なるほど、確かにそう考えると「結果が見えてる出来事」って事だね♪

コトハちゃん

 

さて、出来レースの意味はもうOKですよね!

次は、実際に使う時のために出来レースの使い方を会話例で紹介しています!

コト助くん

じゃあ、さっそく出来レースの使い方を見ていこう!

おすすめ記事

 

出来レースの使い方を例文で紹介!

それでは、出来レースの使い方を例文で紹介していきますね〜。

会話例を見るときは、自分のことを想像しながらだとよりわかり易いと思うので、

「自分ならどうか?」

を頭に入れて見ていってください。

まずは、先ほどの事例1の場合の使い方を例文で見ていきましょう!


↓次のページ↓

 

1 2 3