アンタッチャブルの意味とは?使い方を会話形式の例文で紹介!!

アンタッチャブルの意味と使い方を例文で!

アンタッチャブルの意味はもうお伝えしましたが、会話とかで使うならどんな感じかも気になりますよね。

会話形式の例文を用意したので、先ほどの意味を思い出しながら見ていきましょう!

コト助くんって、最近振られたんだって?

コトハちゃん

コト助くん

・・・。僕のアンタッチャブル傷口をを!!
あっ、なんかごめん!笑

コトハちゃん

このようにちょっとふざけた感じでも使えますよー!

この例を解説すると、「アンタッチャブルな傷口」=「触れてはいけない傷口」となりますよね。

 

あと!

会話でもありましたが、「アンタッチャブルな〇〇」という形で使うことが多い。

例えば、

  • アンタッチャブルな人=関わってはいけない人、触れてはいけない人
  • アンタッチャブルな地域=関わっていけない地域

などです。

 

コト助くん

でも、アンタッチャブルってとり方によっては嫌な気持ちにもなるかもね~

だね!気をつけて使うようにしないと、心のアンタッチャブルに触れてしまうかも!笑

コトハちゃん

 

アンタッチャブルは外来語がカタカナ言葉として定着したので、使い方や意味合いって人によっては少し違ったりするのが悩みどころです。

でも、今回お伝えしてきたことを参考にしていただければ大丈夫だと思います!

では、最後に今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

まとめ

コト助くん

じゃあ、さっそくアンタッチャブルについておさらいしていきましょう!

◆アンタッチャブルの意味とは?

  • 触らない、触れてはいけない
  • FBI(アメリカ連邦捜査局)を指す。理由は、賄賂に手を付けなかった事から、「買収されない」ことをアンタッチャブルとなった。
  • カーストの外に属する人たちを指す言葉でもあった。

◆アンタッチャブルの使い方

  • 基本的に「アンタッチャブルな〇〇」という形で使うことが多い。
  • 使い方によっては、相手に嫌な思いをさせてしまうこともあるので注意!

1つの言葉で違った、見方ができる不思議なカタカナ語ですね〜。

もし、会話で使う機会があればこの記事を参考に!

1 2 3 4