アウフヘーベンの意味とは?3つの例文で流行語を分かりやすく解説

アウフヘーベンの意味とは?

アウフヘーベンの文字とイラスト

アウフヘーベンの文字とイラスト

東京都知事の小池百合子さんが発した言葉として、「アウフヘーベン」という難解な言葉が話題になりました。

調べて観たところ、2つの意味合いがあることがわかりました。

 

では、さっそくアウフヘーベンとはどういう意味なのか、見ていきましょうか!

アウフヘーベンの意味は、

  1. 止揚(しよう)・揚棄(ようき)
  2. 持ち帰る、拾い上げる

となっているんですよ。

と言われても殆どの人が、この2つの意味を見てもよく分からないと思います。

私も調べてる途中はさっぱりでしたから…

 

では、1つ目の意味から詳しくお伝えしていきますね。

二つ目の意味に関しては、一つ目を聞いた後の方がわかりやすいと思うので、後半の方でお伝えしています。

お楽しみに〜^ ^

 

さて、一つ目の意味は、哲学者のヘーゲルが弁証法という、物事の問題解決の方法論の中の一部として出てくる用語です。

この弁証法の中でのアウフヘーベンとは、「物事に問題や疑問が出てきたときに、その中の2つの対立・矛盾する概念を、より高みで統合、発展させる」ことを指すドイツ語の哲学用語がアウフヘーベンと言います。

これを日本語で止揚・揚棄と訳された訳です。

しかし、これじゃ意味がさっぱりですよね〜?

そうだね。正直、コト助くんもさっぱりだと思うよ!笑

コトハちゃん

コト助くん

うん、正直全く持って分からない…

 

確かに、こと言葉って色々な説明なされ方がしたりして、よく分からないんですよ。

あっちでは●こっちでは◆みたいにですね。

なので、次はいくつかの例え話でアウフヘーベンについて一緒に学んでいきましょう!

 

アウフヘーベンの意味と使い方を例文で!

さて、先ほどお伝えしただけアウフヘーベンとは「物事に問題や疑問が出てきたときに、その中の2つの対立・矛盾する概念を、より高みで統合、発展させる」でしたよね。

 

これをちょっと身近な例えや、有名な例えなどを用いてわかりやすく見ていきましょう!

◆テレビで紹介された例

A「いちごが食べたい!」

B「大福が食べたい!」

 

↓アウフヘーベンすると

「いちご大福」

んー、どうでしょう少しはアウフヘーベンを掴めましたかー?

多分、これは全く哲学や弁証法を知らない人に向けて、究極に噛み砕いてわかりやすく説明した例だと思います。

なので、詳しい人からするとそれは違うよ!という意見もあるみたいです。

 

まぁ、これだとただ合体してるだけ!という感じですが、私が思ったこの例の意図って合体じゃ無いと思います。

先ほどの例を以下のように変えると、

A「いちごの甘酸っぱさがいいんだよ!大福は甘いだけじゃん!」

B「あのすごく甘くてしつこくないあんこがいいんだよ、いちごは酸っぱすぎる!」

このように「いちごと大福の議論で、対立する意見を議論しているうちに」

↓この2つの対立する意見をどちらも捨てず満たした答え

「酸っぱさと甘さを兼ね備えたいちご大福だ!」

これが2つの考えを統合したということなんじゃないかと、わたし的には理解しています。

 

ただの合体と見るとそれだけですが、アウフヘーベンという意味で考えると、こうやって言えば少し理解できた気がしますよね!笑

私的にはどちらの対立する意見も生かして、新たな道を模索するって事かな〜

コトハちゃん

コト助くん

なんとなくわかったけど、結局難しい言葉には変わらない…笑

 

他にも、カレーとパンでカレーパンとかも同じ考えでしょうか。笑

では、もう一つはよく見られるアウフヘーベンの例えを見ていきましょう!


↓次のページ↓

 

1 2 3