コト助コト助

エモーショナルな〇〇って言うけど、どう言う意味なのー?

コトハコトハ

音楽や芸術とかでよく聞く言葉だね!

コト助コト助

そうそう!特にエモーショナルな音楽とか聞くけど、どう言う意味がわからないんだ!

コトハコトハ

そっかぁ、じゃあ今回はエモーショナルの意味や使い方を見ていこうか♪

 

エモーショナルな音楽とか、聞いたことがあるけど、そもそも「エモーショナルってどういう意味?」なんて思いませんか?

カタカナ言葉が増えていく一方で、似た言葉も多いので少し難しいですよね。

なので今回の記事では、エモーショナルの意味や使い方を分かりやすく、2つの例文を使って紹介しています!


スポンサーリンク

エモーショナルの意味とは?

 

音楽や人に対してよく使われるエモーショナルというのは、どのような意味なのでしょうか。

エモーショナル(emotional)の意味は、

  • 感情的なさま
  • 情緒的なさま

となるんです。

このような意味となっていますが、ちょっとどういう意味なのか分かりにくいですよね。

この感情的・情緒的というのは、「理性より感情をあらわにした様子」という意味。

叫ぶ男性

なので、「エモーショナルな行動=感情をあらわにした行動」という意味にもなります。

コトハコトハ

音楽や芸術に対しては、また違った意味合いになるんだよ!

 

そうです!

他にも、「感情がこもって人の心に深く訴えかける」とも捉えられるので、心にジーンくるという意味でも使われます。

この場合は芸術・音楽などで、「エモーショナルな音楽=感情的な音楽」という意味になるんですよ〜。

 

エモーショナルというのは、良くも悪くも「感情・心が動かされた様子」を指す言葉として、覚えておくのが良いんじゃないかと思います。

◆エモーショナルとエモーション

  • エモーショナル(emotional)は形容詞。
  • エモーション(emotion)(感情)は名詞。

となります。両方覚えておくのが良いんじゃないかと思いますよ〜!

さて、最近ではこのエモーショナルやエモーションの若者言葉バージョンがありますよ!

それは「エモい」というもので、意味はや使い方は大体同じですが、以下の記事も参考にしてくださいね♪

 

関連記事

 

ここまででエモーショナルの意味はなんとなく分かりましたでしょうか?

 

コト助コト助

んー、何となくは分かったけどまだ不安かも!

 

じゃあ、次はエモーショナルがどういう時に使われているのか、例文を見てより詳しく見ていこう!

スポンサーリンク

コトハコトハ

そうだね!例文を見ると使う時の参考にもなるからね♪

 

エモーショナルと意味と使い方を例文で!

先ほど見たいエモーショナルの意味は、

  • 感情的・情緒的な
  • 心にジーンとくる
  • 心に訴えかける
  • 感情や心が動かされる

と言った意味合いがありましたよね。

 

この言葉を使うときは、基本的に「エモーショナルな〇〇」という形で使うことが多いんですよ。

なので、これは感情的だな〜と思った時に、エモーショナルな〇〇だなーといえばOKと言うわけです!

 

では、具体的にどんな感じか例文を用意したので、さっそく見ていきましょう!

 

例文

◆音楽を聴いて

コト助コト助

この曲って聞いたことある?

コトハコトハ

エモーショナルな曲で、哀愁を感じる音楽だよ!

感情や心にくる音楽だった=エモーショナルな音楽という意味になりますよね。

あなたの心にグッときた音楽って聴いた事がありませんか?

もし、その曲があるなら、その音楽があなたにとってのエモーショナルな音楽だと言えると思いますよ〜

 

他にも、

「心に響かせてこそプロだ!」

という言葉がある通り、素晴らしいものという意味合いでもありますよー!

これを踏まえてもう1つの例文を見ていきましょう。

◆インテリアについて

コト助コト助

このインテリアいいでしょ!

コトハコトハ

うん!エモーショナルな雰囲気のインテリアだね!

このように感情的とあまり関係なさそうな時にも、使われることが多いので注意が必要ですよ!

何か「心にくるなぁ」とか「良い感じ」みたいな、「良い」という感情=エモーショナルということなんだと思います。

コトハコトハ

元々は英語と言っても、もうカタカナ語みたいに使ってるから意味が広くなったのかもね!


コト助コト助

広い意味や使い方で考えて使えば良いんだね!


スポンサーリンク

先ほどとは違う使い方もたくさんありますよ〜。

さて、他にも色々な使い方があるので、サラッとより意味や使い方をイメージしていただければ!

◆他の使い方

  • あれはエモーショナルな表現だね!
  • エモーショナルな演奏
  • 甘いエモーショナルな歌声。
  • エモーショナルさを意識しないと心に響かない。

以上がエモーショナルな使い方になります。

コト助コト助

何かによって、自分の心に響いたり、感情が動かされた時に使えば良いってことだね!

 

正解だね!

周りには伝わらなくても、その音楽を聴いてあなたの心が動かされたら、自分にとってエモーショナルな音楽になるんです。

他の事柄にも当てはめられますよね。

 

さて、ここまでエモーショナルについて見てきましたが、覚えてますかー?

スポンサーリンク

最後に、今回の内容をまとめたので一緒におさらいして、忘れないようにしましょう!

 

エモーショナルの意味と使い方〜まとめ〜

コトハコトハ

じゃあ、さっそく一緒におさらいしておこう♪

◆エモーショナルの意味とは?

  • 感情的・情緒的な
  • 心にジーンとくる
  • 心に訴えかける
  • 感情や心が動かされる

◆エモーショナルな使い方

  • エモーショナルな〇〇という風に、エモーショナルの後に言葉をつけることが多い。
  • エモーショナルな音楽=感情的な音楽、感情に訴えかけてくる音楽
  • エモーショナルな行動=感情的な行動

カタカナ言葉は英語から派生して、日本玉くじの意味合いが増えたりしてよく分からなかったりしますよね。

今回のエモーショナルも少し違った変化がありますからね〜

でも、今回の記事を参考にしていただけると、大体のニュアンスは伝わったんじゃないでしょうか!