カタルシスの意味とは?使い方を三つの例文でカンタン解説!!

カタルシスの元ネタや由来って?

「カタルシス」は、アリストテレスという哲学者が残した「悲劇論」という解釈の中にあった演劇用語の一つです。

簡単に言うと、「文学作品を見ると、感情移入してなんかスッキリするよね」みたいな話です。笑

演劇用語としても未だに使ったりしますが、日本ではもう少しカジュアルに、「モヤモヤがとれた!」くらいの感じで、使われる事も多いですね。

 

最後に今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

 

まとめ

◆カタルシスの意味

  • 精神が浄化されること
  • 心のわだかまりが何かのきっかけで一気に解消されること

◆カタルシスの使い方と例文

  • 「心療内科のカタルシス療法を受けた」
  • 「推理小説を読んで、カタルシスを得た」

◆カタルシスの元ネタや由来

  • 哲学者が残した「悲劇論」という解釈の中にあった演劇用語の一つ

いかがでしたか?

 

由来を考えると、哲学者や演劇用語なんて小難しそうな言葉ですね。笑

私もアリストテレスなんてバンドの曲の歌詞の中でしか見たことがないです。

ですが、本来の意味よりもライトに使われることも多いので、深く考えずに使ってみてほしいです!

 

難しいけど、哲学とか演劇とかも掘り下げると面白いんだよ!

コトハちゃん


コト助くん

面白そうだけど、ぼくにはやっぱり難しいなー笑

 

では、今回の言葉マップはここまで!

最後まで読んで頂きありがとうございます。^ ^