オフレコの意味とは?3分で分かる使い方や反対語はコチラ!!

オフレコの反対語って?

オフレコは、実は元々「off-record(オフレコード)」という英語が由来です。

英語で反対語は、「on-record(オンレコード)」という言葉になります!

オンレコ(オンレコード)のは、「記録・公表される前提で話す」という意味になります。日本語で言うと、「公表、開示、暴露する」などが類語と言えるでしょう。

元の語源に言い換えたり、それを日本語に言い換えたりすると分かりやすくなりますね!

 

最後に今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

 

まとめ

さっそく、アフレコについておさらいしていきましょう!

コトハちゃん

◆オフレコの意味

  • 記録、公表をしない

◆オフレコの使い方と例文

  • 「オフレコを前提に取材をした」
  • 「オフレコの話が公表されてしまった」

◆オフレコの反対語って?

  • 「on-record(オンレコード)」
  • 「記録・公表される前提で話す」という意味

 

今回は、「オフレコ」をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

マスコミ関係の方は使ったりするかもしれませんが、そうでない方はあまり馴染みがないと思います。

こういうちょっとした業界用語を知っていくのも面白いですよね!笑

言葉を知っていくと、知らない文化や業界も垣間見えて楽しいなーなんて思います。笑

あまり使わない言葉だからこそ、是非是非使ってみてほしいです!

 

内緒の話する時とか使いやすいかも!

コトハちゃん


コト助くん

自分なりにどんどん使い方を見付けるのも面白そう!

 

では、今回の言葉マップは以上で!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

1 2 3