パトロンの意味とは?このカタカナ語は悪い意味の言葉なのか?

パトロンの意味とは?

パトロンの文字

パトロンの文字

パトロンの意味は、

  • 芸術家などに経済的支援をする人
  • 主人・雇い主
  • 異性などに資金の援助をして生活の面倒を見る人

です。

元々は、才能のある芸術家などに金銭的な支援をしたことが始まりだと言われており、後援者・保護者という意味合いだった。

しかし、愛人などにも資金提供することもパトロンとして見られるので、言葉自体のイメージも悪くなったのでしょう。

 

さて、愛人の件は置いておくにしても、芸術家に経済的支援をするとなると、

スポンサーとは違うのか?

という疑問が浮かびますよね。

 

スポンサーとパトロンの違い

スポンサーは出資者と言われることがあります。

ただ、これだけじゃイマイチ違いがわかりにくいですよね。

なので、このように分類して見ましょう。

  • パトロン…芸術活動に対する経済支援
  • スポンサー…経済活動に対する経済支援

どうでしょうか。

なんとなくこの2つの違いが見えてきましたよね!

つまり、どのような活動に支援しているのか?で言葉が変わると考えて大丈夫でしょう。

元々、外来語なのでこの辺りは曖昧だったりもしますが…。

 

さて、ここまででパトロンと意味やスポンサーとの違いは大丈夫でしょうか。

せっかくなので、会話の中で「パトロン」を使うならどうやって、使えばいいのかを見ていきましょう!


↓次のページ↓

1 2 3