パッシブの意味とは?使い方から対義語・反対語まで一発チェック!!

パッシブの使い方・使用例!

◆使用例

  • 君は少し、パッシブになった方がいいよ。笑
  • もっと、パッシブスキルを取っておけばよかった。
  • 最近は、パッシブメディアを利用する若者が減ってきている。
  • パッシブ過ぎると、友達ができにくいからもっとアクティブに行こう!笑

今のところ、まだ会話で使う言葉というよりパッシブ〇〇のように単語を使うことが多いですね。

なので、上記の使用例に関しては「使うならこんな感じかなぁ」と思って頂ければと思います。

最後に、今回の内容を簡単にまとめたので一緒におさらいしていきましょう!

オススメ記事

 

まとめ

さっそく、パッシブについておさらいしていきましょう!

◆パッシブの意味

  • 受動的
  • 受け身
  • 消極的
  • 他からの働きを受ける様

◆パッシブの対義語・反対語

  • 対義語はアクティブ
  • 意味は「積極的、能動的、元気で活発な」

◆パッシブの使い方・例文

  • 現在は会話で使うよりパッシブ〇〇など単語で使うことが多い。
  • 少し、パッシブな行動をした方がいい。=少し消極的な行動をした方がいい。
  • パッシブ過ぎるからアクティブに行こうよ!=消極的過ぎるから積極的に行こうよ!

今回は、カタカナ語「パッシブ」の意味や使い方などを見てきました。

 

聞き覚えがない人も多いけど、意外と身近なところでも使われている言葉でしたよね!

でも、文中でも言いましたが日常会話で使わないので、今回の内容もすぐ忘れてしまうかもしれませんけど。

対義語のアクティブはよく使うのに…。

 

では、今回の言葉マップは以上で!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

1 2 3