ごぼう(牛蒡)の花言葉「いじめないで」はとある花へのメッセージ?

コト助くん

ごぼうの花言葉が、「いじめないで」って本当?
うん、本当だよ!でも、他にもいくつか花言葉はあるの♪

コトハちゃん

コト助くん

えっ!他にはどんな意味があるの?
んー、いろいろあるけどネガティブな意味が多いかな〜

コトハちゃん

 

基本的に、花言葉ってポジティブなものが多いですよね。でも、ゴボウって本当にネガティブな意味が多いんですよ。

食物繊維が豊富で健康食材なのに扱いがひどいです...

しかし、ごぼうのネガティブな花言葉が多いのには、ちゃんと理由があるんです。それに1つだけはポジティブな言葉もありますのでご安心を!

まぁ、それでも9割がたネガティヴな花言葉が多いので、なんとも言えませんけど...(笑)

 

というわけで今回は、ごぼうの花言葉や由来などについて、掘り下げてお伝えしていきたいと思います。

ごぼう(牛蒡)の花言葉!

ごぼうの花言葉は「私をいじめないで」以外にも、

  • 私に触らないで
  • 用心
  • しつこくせがむ

など3つがあります。

 

ごぼうの花言葉ってやっぱり寂しいものが多いな〜

コトハちゃん

コト助くん

たしかに、寂しいものが多い…

 

ごぼうの花は誰かに送るのは、絶対避けたほうがよさそう。

もし、もらった相手が花言葉を知ったらトラブルになるかもしれませんからね。

あなたも気をつけてください。

まぁ、ゴボウの花を贈ろうなんて考えるなとは多分いないはず!


さっき紹介したごぼうの花言葉を見ていて、

「なんで、こんなにネガティブなのが多いの?」

って思いませんか?

実は、これにはちゃんと理由があるんですよ。

一応言っておきますが、この花言葉を考えた人がごぼうが嫌いだったとかじゃないですからね!

では、なぜごぼうの花言葉がネガティヴなものが多いのか由来を見ていきましょう!


ごぼう以外もネガティブな花言葉は意外と多い!

贈り物で人気の花で「バラ」や「カーネーション」にも、ネガティブや怖い感じの花言葉が付いていたり。

関連記事 花言葉が怖い意味の花一覧!マジで怖かった花ベスト30!!

不気味な女性花言葉が怖い意味の花一覧!マジで怖かった花ベスト30!!

ごぼう(牛蒡)の花言葉の由来

ごぼうの花言葉がネガティヴなのは、花の見た目から付けられてしまったんです。

ちなみに、上の写真があの牛蒡の花だったりします。

 

このゴボウの花ってちょっと刺々しい感じがしますよね?

そして、この「トゲトゲしい花が先ほどの花言葉の由来」になっているんです。

では、より詳しく由来を解説していきます。

 

◆見た目からの由来

ごぼうはトゲで自分を守っているように見えることから、「私に触らないで、用心、いじめないで」などが付けられました。

 

また、「しつこくせがむ」というのは、トゲが服や身体に刺さりくっつくことから付けられた花言葉

しかし、これはアザミの花に似ているから付けられたんです。

実は、ごぼうのトゲって痛くないんですよ。

でも、アザミは刺さって痛いことから、「ごぼうの花がアザミに似ているから」となったみたいです。

以上がごぼうの花言葉が寂しい印象のものが多い理由になってるんですよ。

 

コト助くん

ごぼうのトゲが自分を守ってらように見えたから、少し寂しい花言葉なんだ。
でも、明るい意味の花言葉が欲しいよね?

コトハちゃん

コト助くん

うん!
このままじゃごぼうが可哀想だ!!
安心してください。
ちゃんといい感じの意味も一応あるんだよ♪

コトハちゃん


 

スポンサーリンク

 

冒頭でお伝えしたとおり、ごぼうにはポジティブな意味の花言葉もありますから。

ここまで見てきたごぼうの印象がガラッと変わるのでコレは要チェックです!

ごぼうの花言葉で唯一のポジティブ言葉があった!

ごぼうの中で唯一ポジティブな言葉。

  • 人格者、人気者

です。

コト助くん

えっ!さっきまで反抗やネガティブ意味ばっかりだったのに!?

 

そう、ここに来てなぜか人気者または人格者と言う意味があったんです。

「うそつけ!」
「どこが人格者だよ!」

と、ここまで見てきたらそう思いますよね。

だって、ごぼうの花言葉って殆どが

「私に触らないで、私をいじめないで」

とかだったのに、いきなり人気者になっちゃったよ...(笑)

 

実は、これにもちゃんと理由があるんですよ!

日本ではあまり馴染みがありませんが、ごぼうって海外ではハーブや漢方でも使われるんですよ。つまり、「身体にいい」と効能からイメージして、いいイメージの花言葉がつけられたんです!

 

良かった〜。ごぼうってネガティヴな花言葉だけだと思ってたからなんだか安心♪

コトハちゃん

 

ここまで「私をいじめないで」とかだったから、ごぼうを食べにくくなっていた方は、身体にいいので是非食べてくださいね!

私は金平ごぼうにしていつもストックしてますからね。

 

最後に、ここまでの内容を簡単にまとめたので、忘れないうちにおさらいしていきましょう!

まとめ

コト助くん

さっそく、ゴボウの花言葉をおさらいしていこう!

◆ごぼうの花言葉

  • 私をいじめないで
  • 私に触らないで
  • 用心
  • しつこくせがむ

などネガティヴイメージが多かったですよね。

また、漢方やハーブで使われ身体にいいことから「人格者、人気者」などもある。

◆花言葉の由来

  • ごぼうの花がトゲトゲしい見た目から自分を守っていらように見えるから
  • 服や身体にくっつく事からでしたよね

 

そもそも、ごぼうに花があるって知らない人も多いですよね!

初めは寂しい印象の花言葉が多かったけど、最後はちゃんと前向きな花言葉もあって良かったです。

でも、これからごぼうを食べる時「私をいじめないで」って思い出すと食べにくい…(笑)

あっ!でも、あれは花の事だから気にしないでもいいかな?

 

では、今回の言葉マップはこれにて!

最後まで、読んでいただきありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。