暗中模索の意味と使い方とは?明日から使える四字熟語!!

暗中模索の意味とは?

暗中模索(あんちゅうもさく)

  • 十分な手掛かりや、確信のないままあれこれとやってみること。

です

 

暗闇のなかで手探りして探し求めることから、このような意味で使われるようになったのですね。

やみくもに、当てずっぽう等のような使い方をイメージしながら、例文を使ってみていきましょう。

 

暗中模索の例文と使い方!!

「暗中模索のまま一夜漬けでテスト勉強したが、テストはさっぱり分からなかった。」 酔っ払って目が覚めると財布がない!
昨夜の記憶もなく暗中模索で家中探していたら、交番から落とし物の連絡が来てほっとした。」

 

身近な例文で、暗中模索あるある!と思っていただければ今日からあなたも暗中模索マスターですね(笑)

とにかく、手のつけようがないんだけどやるだけやる!というニュアンスで伝わりますね。

他にも

「突然の彼氏にフラれ原因もわからず
暗中模索状態で引きずってしまいなかなか次に進めない。」

このようにどこから何から手をつければいいのか分からないときにも使えるんですね。

それでは手掛かりはないんだけどとりあえずやっ似た意味の四字熟語も紹介していきます。

 


↓次のページ↓

 

1 2 3