諸行無常の意味とは?知っておきたい四字熟語が3分でわかる!!

諸行無常の類語は

  • 一喜一憂(いっきいちゆう)

状況のちょっとした変化で喜んだり不安になったりすること。感情を表すときに使われます。

  • 一虚一盈(いっきょいちえい)

むなしかったり、満ち足りたり、一定の形を保たず消えたり現れ満ちたりして、常に変化して予測しにくいことの例え。

 

それぞれ『変化していく』というポイントは、持ち合わせているのものの、

人間の表情

感情

環境

と思えば、世の中は本当に変化し続けるものなんだということが分かりますね!

 

それでは、英語だとどのくらいの意味を含めた『変わり続ける』にちなんだ英語があるのかも見てみましょう。

 

諸行無常を英語で表現すると?

  • Nothing is permanent⇔不朽(ふきゅう)のものはない
  • Life comes and goes⇔人生はいずれ終わる

四字熟語そのものを英語文では、存在しないので、『永遠ではない』という捉え方から英語では、少しネガティブな印象で捉えられるようですね。

 

最後に今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!

まとめ

コト助くん

さっそく諸行無常についておさらいしていきこう!

◆諸行無常のまとめ!

  • 絶えず変化し続けること。
  • 一般的に『人生とは諸行無常だ』というように世間的、世の中を指して使われる。
  • 全ての物事に永遠はない

 

意味そのものはあっさりと分かりやすかったですね!

あまり宗教的な事に関心がなくても私達に関わることですよね。

物事は日々変化していくというシンプルで、当たり前なようだけど、その変化を成長ととらえて喜んだり、過ぎ日々を思い返したり毎日私達は諸行無常のなかで、生きているということですね。

 

それでは、今回の言葉マップはここまでです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

1 2 3