温故知新の意味と使い方とは!類義語は?使い方は例文でラクに習得!!

温故知新の使い方を例文で紹介!

では、さっそく温故知新を使った例文をチェックしていきましょう!

◆例文①

老舗のあの店の料理は、先代の味は変わらないけど新しいメニューもあり、

新たな客層が増えて繁盛している。温故知新の精神が受け継がれているのだろう。

 

昔から受け継がれる素材や味を、新しい形で今に継承し評価されることは、昔から今に学ぶという温故知新の意味を表していますね。

 

一言ではなかなか、言い表せない奥深い四字熟語ですが他の使用例も見てみましょう。

 

他の使用例

◆例文②

田舎にある実家を思いきってリフォームした。

キレイになったこの家で温故知新の大切さを胸に三世代の生活が始まる。

 

昔ながらの思い出がある故郷で、新たな生活をスタートという例文ですね!

 

この四字熟語もしかしたら建設会社や、リフォーム会社のキャッチフレーズにぴったりなんじゃないのでしょうか!

『温故知新の家造り』

いいキャッチフレーズですね〜!
住みたくなります!

あ、自画自賛でしたね(笑)

 

では少し難しい温故知新という四字熟語も、この辺りまで読んでいただくと、かなりマスターしてきたのではないでしょうか。

 

続いては類語、似た意味の四字熟語も見ていきましょう!


↓次のページ↓

 

1 2 3 4