花言葉は『花言葉マップ』

ワンマンの意味とは?使い方から対義語まで分かりやすく紹介!

ワンマン対義語や反対の意味

ワンマンライブを見に行った方なら、「タイバンライブ」という言葉も聞いたことがあると思います。

このタイバンライブは、ワンマンライブとは違って様々なアーティストが順番に出てきます

 

似たジャンルのアーティストが出たりすることもあれば、ジャンルも違うアーティストが出てきて、観客もそれぞれのアーティスト目的で来ます。

純粋に音楽のお祭りとして様々な音楽を楽しみたい人にはタイバンライブが楽しいのではないでしょうか。

 

このようにワンマンの反対の意味としては、一人というより集団というイメージと思っていたいだけると思います。

 

最後に今回の内容を簡単にまとめたので一緒におさらいしていきましょう!


オススメ記事

 

まとめ

さっそく、ワンマンについておさらいしていこう♪

コトハちゃん

◆ワンマンの意味

  • 自分勝手
  • チームワークを考えない
  • 二人でやることを一人でやる
  • 独裁的

◆ワンマンの使い方

  • ワンマンと単体で使われることもあるが、ワンマン〇〇という形で使われる事が多い。
  • 例:うちの会社はワンマン社長だから、意見が基本的に通らない
  • 例:中学でサッカー部に入っていたけど、ワンマンがいてあまり楽しいとは思えなかった。

今回はワンマンの意味や使い方について詳しく見てきましたよね。

 

ワンマンの言葉そのものが、独裁的で自分勝手という面が強く出ていましたね。

ただ、違う面で見れば、目的が明確な消費者には安心して利用できる場所として、認識しやすい言葉なんだと理解できたのではないかと思います。

 

日本語はひとつの言葉で、いくつも意味を持つ言葉がたくさんあります。

ひとつの面にとらわれることなく、気持ちよく伝わる言葉を選んで伝えていけるといいですね。

 

今回の言葉マップはこれにて!

最後まで読んで頂きありがとうございます。

1 2 3 4