わかりみの意味とは?若者言葉をモーレツに分かりやすく紹介!!

わかりみの意味とは?

わかりみの文字が書いているイラスト

わかりみの文字が書いているイラスト

わかりみの意味は、

  • わかる、わかったの変化系
  • 理解した
  • 共感した

という意味です。

 

つまり、わかるっていう言葉が持っている意味をそのまま受け継いでいると考えているとOK!

改めて「わかる」という言葉を見ていくと、理解・共感のどちらにも使えるって、めちゃくちゃ便利ですよね。


ちなみに、分かりやすく言うと、

  • (その考え)わかる〜=共感
  • (授業の内容)わかる=理解

みたいな感じです!

 

さて、ここまででわかりみの意味は大丈夫でじょうか。

ただ、どう言った時に使うのか?など、使い方についてもある程度は、知っておいたほうがいいですよね!

なので、次はわかりみの使い方を例文で見ていきましょう!

 

わかりみの使い方を例文で!

コト助くん

大学に提出レポートの数多すぎ!
それ、わかりみ〜。でも、高校より休みが長いから余裕かな!

コトハちゃん

コト助くん

油断して遊んでると、休みが近くなるとしんどいよ!
そうなると、つらみが深いだろうね…。笑

コトハちゃん

 

会話で使うならこのような感じでしょうか。

また、この「わかりみ」という言葉は、わかる・わかったと少し違う使い方となっていますよね。

あと、SNSでの使ってる人を見ると、

  • 深い
  • 強い
  • 凄い

など「理解した、共感した!」というのを強調する言葉と合わせて使われる事が多いです。

 

では、合わせて使うとはどういう意味なのか?

これは以下のの使用例を見ていただけると大丈夫だと思います。


◆他の使用例

  1. わかりみが深い!
  2. こないだのテレビで、〇〇が言ってたことわかりみがすごい!
  3. わかりみが強すぎて、お気に入りだわ。

以上がわかりみの使い方となっています。

ちなみに、SNSでの使用例を見てると、基本的に「すごくわかる」という意味で使われている気がします。

あっ!でも、理解・共感どちらのニュアンスでもですよ。


↓次のページ↓

 

1 2 3