コト助コト助

葵って名前に入ってることが多いよね!

コトハコトハ

そうね。学年に一人はいるかも!

コト助コト助

やっぱり、花言葉が関係しているのかな?

コトハコトハ

それもあるかも♪じゃあ、今回は葵にどんな花言葉があるか見ていこうか!

 

こんにちわ!言葉マップ管理人の一村です。

葵は、女の子の名前にも使われてるくらい人気ですよね。

でも、この子供の名付けにも人気な葵にどのような花言葉がつけられているのでしょう?

やっぱり、花言葉が関係しているのかも知れませんね。また、葵の花言葉には怖い意味があると聞くけど本当でしょうか。

今回は、そんな葵の花言葉と由来や品種別の花言葉など名前にぴったりな理由を紹介していきたいと思います!


スポンサーリンク

葵の花言葉の意味が怖い?

葵って言うのは、アオイ科の植物の総称なんですよ。その種類は多くて「ハイビスカス」や「タチアオイ」など様々。

でも、主に立葵(タチアオイ)のことを指すことが多いんです。

 

なので、まずはタチアオイの花言葉を紹介していきますね!

タチアオイの花言葉は、

  • 大望
  • 野心
  • 豊かな実り
  • 気高く威厳に満ちた美

です。

また、西洋で花言葉は、

  • ambition(大望、野心)
  • fruitfulness(豊かな実り)

です。

怖いと言うより「大物になりそう!」って印象ですね。

自信に満ち溢れて目標に突き進むぞ!という野心や大望がこの花にはこめられているのでしょうか。

コトハコトハ

野心は人によったら怖いかもしれないね!笑

 

でも、何か目標がある人に「がんばって!」とプレゼンといするのもいいかもしれませんよ。

なので、名前に「葵」って入ってる人は、親御さんが夢をかなえて欲しい、成功して欲しいなど立派に育って欲しいと言う願いがこめられいるのかもしれないですね。

スポンサーリンク

でも、なぜこのような花言葉がつけられたんでしょうか?

コト助コト助

次は、葵の花言葉の由来だね!

葵の花言葉の由来

  • 大望・野心・豊かな実り

タチアオイという品種は、実が多く実る事から「大望や豊かな実り」のような花言葉がつけられてと考えられています。

たしかに、実が多く実る=利益や夢というイメージがありますよね。

恋が実るとかでも当てはめれそうです。

 

  • 気高く威厳に満ちた美

また、茎が高く伸びているいることから、気高く威厳に満ちた美という花言葉かつけられました。

人でも大きい人は威厳がありそうに感じますから分かります。

 

以上が葵の花言葉の由来になっています。

 

でも、そもそも葵って「あおい」って言うのか分かりますか?

ヒントはひまわりと同じです!

コトハコトハ

じゃあ、葵の名前の由来を見ていこう♪

葵の名前の由来は?

葵と言う名前にはひまわりと同じように、太陽が由来になっているんです。

と言うのも、葵の葉っぱが太陽に向く特徴があることから「仰(あお)ぐ陽(ひ)」となったわけです。

 

つまり、

「仰ぐ陽→あおひ→あおい→葵」

となりました。

コト助コト助

ひまわりみたいに太陽にむくんだ!光合成しやすいんだろうな〜

 

はじめの方で葵がアオイ科の総称だとお伝えしましたよね。

実は、この葵の品種なの中でもちゃんと素敵な花言葉がつけられているんですよ!

なので次は、葵の品種別に花言葉もしっしょにチェックしていきましょう。

 

葵の品種別の花言葉

花言葉をお伝えしていく品種は、

  • カンアオイ
  • ゼニアオイ
  • トロロアオイ など

この4つの花言葉をお伝えしていきますね。

では、順番に一つ一つ見ていきましょう!

カンアオイの花言葉

次はカンアオイを見ていきましょう!

寒葵(カンアオイ)の花言葉は、

  • 秘められた恋

です。

コト助コト助

秘められた恋って昼ドラ感がすごいね!

たしかに、禁断の愛って感じがして昼ドラを思い浮かんでしまいますね。

 

銭葵(ゼニアオイ)の花言葉

次はゼニアオイを見ていきましょう!

銭葵の花言葉は、

  • 母の愛
  • 恩恵
  • 温和
  • 温厚
  • 初恋

です。

ゼニアオイって名前だから、すごく胡散臭い金関係の花言葉かと思ったら、めちゃくちゃ良い意味でしたね。

 

母の愛を受けて生まれ、いろんな人の優しくされたりして成長していく、そして好きな人に初恋をすると言う全盛を感じさせる花言葉に感じます。

「でも愛だけじゃなくて「銭=金」も必要だよ!」

という世知辛い世の中を表しているのでしょうか。(笑)

 

コトハコトハ

でも、実際は丸い花が一銭と同じ大きさだからゼニアオイになったんだよ♪


スポンサーリンク

黄蜀葵(トロロアオイ)の花言葉

コトハコトハ

最後はトロロアオイを見ていこう!

トロロアオイの花言葉は、

  • あなたを信じる
  • 整然とした愛
  • 知られぬ恋
  • 恋によって身が細る

です。

トロロアオイはオクラの仲間なので、「花オクラ」って言われているんですよ。

茹でると食べたりすることもできるんです。

でも、そんな品種だけど花言葉は、全部恋愛関係ってちょっとギャップがありますね〜。

 

花言葉や由来を見てきました。

なぜ、葵が子供の名前にぴったりか分かりますか?

花言葉が素敵だから?

それとも、ただ葵って名前がかわいいから?

調べると色々な願いがこめられていることが分かりました!

コト助コト助

せっかくだから、名前にぴったりな理由を一緒に見ていこう!

葵が名付けにぴったりな理由は?

葵と言う名前に込められた願いは、素敵なものが多いんです。

では、さっそく見ていきましょう!

まず花のように、

  • 可愛く成長してほしい
  • 嘘のつかないような人になってほしい
  • まっすぐな人になってほしい

と願いが込められていることが多いそうですよ〜。

素敵な想いが込められていますね!

また、凛とした和の雰囲気から

  • 穏やかな、品がある人になりますように

などもあります。

他にも、葵が強く成長するから、

  • 芯が通った強い大人になりますように

葵の特徴が太陽に向くことから、

  • 人に元気を与えて、慕われるような人になってほしい。

など色々、両親の願いや想いが込められていらようです。

いいですね〜。

 

葵は(キ)とも読むので、女の子だけじゃなくて、男の子の名前にも使われることが多いそうですね。

スポンサーリンク

最後に、今回の内容をまとめたのでおさらいしていきましょう!

 

まとめ

コトハコトハ

じゃあ最後に今回の復習をしていこう!

◆葵の花言葉

  • 大望
  • 野心
  • 豊かな実り
  • 気高く威厳に満ちた美

西洋で花言葉は、

  • ambition(大望、野心)
  • fruitfulness(豊かな実り)

◆花言葉の由来

  • 大望・野心・豊かな実りす

実が多く実る事からこの花言葉が付けられた。

 

  • 気高く威厳に満ちた美

茎が高く伸びていることから、気高く威厳に満ちた美という花言葉かつけられました。

 

◆葵の名前の由来

葵と言う名前にはひまわりと同じように、太陽が由来になっているんです。

と言うのも、葵の葉っぱが太陽に向く特徴があることから「仰(あお)ぐ陽(ひ)」となったわけです。

つまり、

「仰ぐ陽→あおひ→あおい→葵」

となりました。

◆品種別の花言葉

カンアオイ

「秘められた恋」

ゼニアオイ

「母の愛」「恩恵」「温和」

「温厚」「初恋」

トロロアオイ

「あなたを信じる」「整然とした愛」

「知られぬ恋」「恋によって身が細る」

葵の花言葉や由来を見てきましたが、いかがでしたかー?

色々花言葉がありましたね!

可愛らしい花だけど、秘められた野心がすごい感じの言葉でした。

コト助コト助

僕も、葵みたいに野心を持って目標に向かって頑張らないと!

コトハコトハ

でも!野心を持ちすぎたら、人に嫌われるから気をつけてね♪

 

では、今回はこの辺で!

最後まで読んでいただきありがとうございます。