「詰んだ・詰む」の意味とは?ネット用語の使い方を知ってる?

詰んだ・詰むの意味とは?読み方は?

ヤンデレの文字とイラスト

ヤンデレの文字とイラスト

詰んだ・詰むとは、基本的にゲームや勝敗のある事柄に対して使われる言葉なんです。また、それ以外でも同じような意味で使えたりもします。

ちなみに、読み方は「詰んだ・詰む(つんだ・つむ)」です。

 

では、さっそく詰んだの意味をチェックしましょう!

詰んだ・詰むの意味は、

  • 勝負の結果が見えた
  • 全てが終わった
  • 負けが回避できない状態
  • もう望みがない
  • ゲームオーバー
  • 終わった

となっています。

 

OKですか?

詰むって言葉は、主にゲームで使われていた言葉なので、「うわぁ、もう勝ち目がない(負けが見えた)」=「うわぁ、これ詰んでるよ」という意味で使います。

また、ゲーム以外でも危機的な場面にも使ったりしますよ。例えば「デートなのに財布忘れた」などの危機的な場面、この場合にも同じ意味で使いますね。

詰んだの使い方に関しては、この次に詳しく使用例や会話例など紹介しているので、そちらも見ておいてくださいね。

 

という事は「宿題やるの忘れて詰んだ」って感じかな?

コトハちゃん


コト助くん

そう、そんな感じ!でも、この後の使い方もしっかり覚えてよ!

わかってるよ!間違えて恥書くのは嫌だもん!!笑

コトハちゃん

 

さて、ここまでで詰んだの意味は大丈夫でしょうか。

先ほど話した通り、次は詰んだ・詰むの使い方を詳しくご紹介しているので、間違って使わない為にも見ていってくださいね!

ネット用語関連

 

詰んだの使い方!2つ会話例で解説!

遊びで詰んだ男性

詰んだに関しては、「勝敗が見える、もう望みがない」などの意味でしたよね。意味も簡単でしたが、使い方も簡単ですよ!

主に、使う形としては

  • 〜詰む
  • 〜詰んだ
  • 〜詰んでる

と覚えておけば良いかと思います。

じゃあ、さっそく詰んだの使い方でよく使われる「勝敗がある事柄」に対しての会話例になります!


↓次のページ↓

 

1 2 3 4