アクティブの意味とは?使い方や反対語について分かりやすく解説!!

アクティブの意味とは?

アクティブの文字とイラスト

アクティブの文字とイラスト

さて、アクティブに生きる為にもこのカタカナ語の意味をさっそく見ていきましょう!

アクティブの意味は、

  • 積極的
  • 元気で活発な様子で
  • 能動的
  • 自ら進んで何かをする

となっています。

 

つまり、アクティブな人=積極的、元気で活発な人というイメージをすると分かりやすいですよね!

なので、このカタカナ語を見かけたり聞いたりした場合は、そのように考えればOKです。

また、アクティブラーニングのようにアクティブ〇〇という言葉の時は、「能動的、積極的な」+〇〇という感じで使われることが多いです。

ちなみに、アクティブラーニングは「能動的な授業」という意味があり、「ただ先生の話を聞くのではなく、自ら考える授業」といった感じです。

 

さて、アクティブとは「積極的」など行動的ね意味がありましたが、その対義語も気になりませんか?

せっかくなので、次はアクティブの反対語・対義語について見ていきましょう!

 

アクティブの反対語・対義語は?

アクティブ(積極的)の対義語は、パッシブという言葉だとされています。

では、このパッシブとはどういった意味を持つカタカナ語なのか、さっそく見ていきましょう!

パッシブの意味は、

  • 受け身
  • 消極的
  • 他から働きを受けるさま

となっています。

パッシブには上記の意味があり、先ほど紹介したアクティブの意味と反対の言葉となっていますよね?

 

あまり聞き覚えがない「パッシブ」という言葉ですが、実はいろんなところで用いられているんですよ。

例えば、

  • パッシブスキル(オンラインゲーム)
  • パッシブメディア(IT)
  • パッシブシステム(太陽発電など)

などがあるみたいです。

 

さて、ここまでアクティブの意味や対義語について見てきましたが、会話で使うとかどうやって使えばいいのかって難しかありませんか?

もし、間違って使うと話が通じなかったりしますからね〜。

なので、次はアクティブの使い方を見ていきましょう!

おすすめ記事


↓次のページ↓

 

1 2 3