ベクトルの意味と使い方とは?分かりやすく3つの使用例で紹介!!

ベクトルの使い方!会話での例文

先ほどお伝えしたのは、会話で使うなら「ベクトルは方向性」という意味でしたよね。

では、実際会話で使うならどんな感じなのか、会話形式の例文で掘り下げていきましょう!

 

◆とある会議での話

コト助くん

次の商品は、女性向けの物を考えよう!
でも、それじゃあ会社のベクトルと違うよ?

コトハちゃん

コト助くん

んー、確かに以前とはベクトルが違うけど、これでいこうと思う
まぁ、新しい挑戦は必要だからね♪

コトハちゃん

 

これがよく使う「ベクトルが違う」の会話の例文となっています。

この使い方を解説すると「会社のベクトルと違う」=「会社の方向性が違う」となりますよね。

この例文を見るとわかると思いますが、「考え方」という言葉に近いかもしれないですね。

先ほどの例だと「会社の考え方」と変えても通じます。

確かに、考え方に近い感じで使ってる人も多いね♪

コトハちゃん

 

ここまででもベクトルの使い方はイメージできたと思います。

でも、他にも使用例があるので見ていってください!

おすすめ記事

 

3つの使用例!

ベクトルを使うときは、基本的に「ベクトルが〇〇」という形になると思います。

よく聞く使用例なので、意味を思い出しながら見ていってくださいね〜。

◆使用例

  • ベクトルが合う=方向性が合う
  • ベクトルを合わせて=方向性を合わせる
  • 会話のベクトルが違う=会話の方向性が違う、会話がずれている

以上がよく使われる使用例となっています!

コト助くん

難しいようで意外と身近な言葉なんだね〜

 

ここまでベクトルについて見てきました。

最後に、今回の内容を簡単にまとめたので、一緒におさらいしていきましょう!


おすすめの言葉

 

ベクトルの意味と使い方~まとめ~

コト助くん

じゃあ、最後にベクトルについて復習していこう!

◆ベクトルの意味とは?

  • ビジネスや会話で使う時は「方向性、物事の向かう方向」という意味で使われる。
  • 本来は数学・物理学で「空間の大きさ、方向も持った量」という意味だったけど、いつの間にか身近なカタカナ言葉になっていた。

◆ベクトルの使い方

  • ベクトルが合う、ベクトルが違うなど「ベクトルが○○」で使うことが多い。
  • ベクトルが合う=方向性が合う、一緒。
  • ベクトルが違う=方向性が違う、考え方が違う

いかがでしたかー?

ベクトルの意味や使い方を具体的見てきましたが、けっこう簡単でしたよね。

コト助くん

僕が「ベクトルが違う」って言われた意味がわかったけど、あれだね…笑

あれだね…

コトハちゃん

 

さて、色々な使い方がありましたが明日から使う機会があれば、この記事を参考にしていただければと思います!

1 2 3